遠藤製作所特別損失減損損失の発生及び業績予想の修正
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22521,686+42.4
TOPIX1,576-2.3
DOW27,359+27.1
NASDAQ8,258+14.0
$/¥107.8-0.55

 MSTGお奨め銘柄
[7189]西日本フィナ
[8341]七十七銀行
[8524]北洋銀行
[8377]ほくほくフィ
[8714]池田泉州ホー
[8418]山口フィナン

 バーゲン銘柄
[3529]アツギ
[5451]淀川製鋼所
[9755]応用地質
[7925]前澤化成工業
[6257]藤商事

 MSTG NEWS

Check
 上場企業ニュース
遠藤製作所特別損失減損損失の発生及び業績予想の修正

平成26年3月13日

各位
会社名株式会社遠藤製作所
代表者代表取締役社長重松健
(JASDAQコード7841)
問合せ先
取締役管理部門担当佐藤俊明
役職氏名
電話番号0256-63-6111


特別損失(減損損失)の発生及び業績予想の修正に関するお知らせ

当社は、平成26年3月期において、下記のとおり固定資産の減損損失を特別損失に計上いたします。
また、平成25年5月15日に公表いたしました平成26年3月期(平成25年4月1日~平成26年3月31
日)の業績予想を下記のとおり修正いたしましたので、お知らせいたします。


1.特別損失の内容
当社の主力事業であるゴルフクラブ市場は、ゴルフ人口の減少化傾向に加え、景気回復の遅れ、デフレ
傾向の影響等から国内市場は活力に欠る一方、海外廉価品との価格競争が国内外市場とも、ますます激化
している等厳しい環境下にあります。このような状況の中、当社は鍛造製造のメリットを生かすべく開発、
提案営業を強化するとともに、生産効率の向上、製造コストの低減に努め、競争力のある製品供給に取り
組んでまいりました。
しかしながら、海外廉価品の市場シェアが徐々に上がる中、ゴルフ事業の生産拠点があるタイ国におけ
る最低賃金の大幅引き上げや最近の円安バーツ高による為替の影響等から、タイ工場からの輸入コストが
上昇しております。
当社としましては、抜本的な生産性向上、製造工程改善等の施策を講じてゴルフ事業の業績向上に取り
組んでおりますが、現在の事業環境を鑑み、当社及び在外子会社ENDOTHAICO.,LTD.のゴルフ生産設備
について、「固定資産の減損に係る会計基準」に基づき将来の回収可能性を検討し、当該固定資産に
ついて減損損失483百万円(当社:347百万円、ENDOTHAICO.,LTD.:136百万円)を特別損失に計上
する予定であります。
なお、この度は会計基準に従い、固定資産の減損損失を計上いたしますが、ゴルフ事業につきましては
鍛造技術の優位性を包括する当社の主力事業の位置付けに変わりはなく、今後とも多様化するニーズに対
応すべく企画開発力を高め、徹底した製造コストの削減等に取り組み、早急に収益改善を図り事業の拡充
に努めてまいります。

2.平成26年3月期通期業績予想の修正(平成25年4月1日~平成26年3月31日)
(1)平成26年3月期通期連結業績予想(単位:百万円)
1株当たり
売上高営業利益経常利益当期純利益
当期純利益
前回発表予想(A)3△24円63銭
16,63757△215
今回修正予想(B)16,07632212△577△66円09銭
増減額(B-A)△56129155△362
増減率(%)△3.4966.7271.9―
(ご参考)前期実績
17,4869231,11848455円17銭


 情報提供元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120140221010208.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.