日本郵船訴訟の提起
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22519,197-55.1
TOPIX1,532-4.9
DOW20,941-40.8
NASDAQ6,048-1.3
$/¥111.4+0.18

 MSTGお奨め銘柄
[5988]パイオラック
[7906]ヨネックス
[7445]ライトオン
[4927]ポーラ・オル
[8202]ラオックス
[8876]リログループ

 バーゲン銘柄
[6303]ササクラ
[5900]ダイケン
[1914]日本基礎技術
[5988]パイオラック
[3529]アツギ

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
日本郵船訴訟の提起

平成25年8月9日
各位
会社名日本郵船株式会社
代表者名代表取締役社長工藤泰三
コード番号9101
上場取引所東証名証各第一部
問合せ先広報CSRグループ長
江黒孝夫
(TEL.03-3284-5058)


訴訟の提起に関するお知らせ



当社、当社のカナダ国子会社であるNYKLine(Canada)Inc.(CA」、及び当社の米国
「)
子会社であるNYKLine(NorthAmerica)Inc.(NA」は、カナダ国オンタリオ州上級裁判
「)
所において平成25年7月4日付で集団訴訟(本件訴訟」を提起され、CAは平成25年8
「)
月8日(現地時間)に、本件訴訟に関する訴状の送達を受けましたので、下記のとおりお
知らせいたします。









1.訴訟の原因及び提起されるに至った経緯
原告は、カナダ国向けの車両の海上輸送について、当社、CA及びNA並びにその他の
被告らが共謀して運賃を設定したと主張して、損害賠償及び差止め等を求めておりま
す。




2.訴訟を提起した者の概要
氏名:RyanToddWonch及びMargaretA.Wonch




3.訴訟内容
原告は、本件訴訟において、当社、CA及びNA並びにその他の被告らに対して損害賠
償及び差止め等を請求しております。なお、訴状には、請求金額の記載はありません。
4.今後の見通し
当社、CA及びNAは、訴状の内容を精査したうえで、適切に対処していく所存です。
また、当社、当社の子会社及び関係会社は、本件訴訟と同種の訴訟を今後提起され
る可能性があります。
本件訴訟による金額的な影響は現時点で算定が困難であるため、当社の業績に与える
影響は不明です。


以上


 情報提供元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120130809012073.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.