健康コーポレーション剰余金の配当
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22522,397+45.7
TOPIX1,764+2.0
DOW23,358-100.1
NASDAQ6,783-10.5
$/¥112.0-1.21

 MSTGお奨め銘柄
[8367]南都銀行
[8524]北洋銀行
[5852]アーレスティ
[8508]Jトラスト
[6298]ワイエイシイ
[3443]川田テクノロ

 バーゲン銘柄
[4033]日東エフシー

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
健康コーポレーション剰余金の配当

平成22年5月13日各位
本社所在地会社名代表者コード番号問合せ先電話番号URL東京都中野区中央二丁目9番1号健康ホールディングス株式会社代表取締役社長瀬戸健2928札幌証券取引所アンビシャス取締役管理本部長香西哲雄03-5337-1337http://www.kenkou-hd.com

剰余金の配当に関するお知らせ
当社は、平成22年5月13日開催の当社取締役会において、平成22年3月31日を基準日とする剰余金の配当を、下記のとおり行うことを決議いたしましたのでお知らせいたします。なお、本件は平成22年6月25日開催予定の当社第7回定時株主総会に付議させていただく予定です。記1.期末配当の内容期末配当決定額基準日平成22年3月31日普通配当50円00銭1株当たり配当金特別配当合配当金の総額効力発生日配当原資15円00銭計65円00銭19,916千円平成22年6月28日(予定)利益剰余金直近の期末配当予想
(平成21年11月13日公表)

前期実績(平成21年3月期)-0円00銭

同左47円26銭~71円57銭14,480千円~21,929千円-利益剰余金

0円00銭--

2.理由従来当社は、企業体質の強化を図るため内部留保の充実を優先してまいりました。これは、設立年度の浅い当社にとって、内部留保を事業拡大の投資等に充当し、企業価値の極大化を目指すことが、結果として株主に対する利益配分につながるとの認識からであります。一方で、株主の皆様に対する適切な利益配分については、上場以来、経営の重要課題であると認識し、配当についても検討してまいりました。当社グループの平成22年3月期第1四半期が好調なスタートを切ることができたこと、平成21年5月30日をもちまして上場3周年を迎えることができたことから、平成21年9月30日を基準日とする1株当たり50.00円の記念配当を既に実施させて頂きました。また、平成21年8月17日の当該記念配当の発表と同時に、今後の株主に対する利益配分の方
-1-

針として、当社単体年間配当性向20~25%を目処とする旨公表させて頂いております。平成22年3月期連結業績におきましても、グループ7社全社において黒字を達成することができ、当連結会計期間において営業利益、経常利益、当期純利益のいずれも、過去最高益を計上することができました。以上を踏まえ、平成22年3月31日を基準日とする期末配当につきましては、1株当たり普通配当50.00円に特別配当15.00円を加え、合計65.00円と決定させて頂きました。なお、この結果、当社単体年間配当性向は、公表しております配当性向を上回る30.4%となります。

(ご参考)年間配当の内訳1株当たり配当金基当期準実日績第2四半期期末50円00銭0円00銭期末合計65円00銭0円00銭115円00銭0円00銭以上

前期実績(平成21年3月期)

-2-



 情報提供元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120130510036910.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.