アサヒホールディングス第6次中期経営計画の見直し
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22520,133+22.2
TOPIX1,611+1.0
DOW21,395-2.5
NASDAQ6,237+2.7
$/¥111.3+0.29

 MSTGお奨め銘柄
[8367]南都銀行
[6617]東光高岳
[5541]大平洋金属
[4927]ポーラ・オル

 バーゲン銘柄
[3529]アツギ
[5900]ダイケン
[9880]イノテック

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
アサヒホールディングス第6次中期経営計画の見直し

平成25年5月10日各位会社名アサヒホールディングス株式会社代表者名代表取締役会長寺山満春(コード番号5857東証第1部)問合先責任者執行役員企画部長重政啓太郎(TEL.03-6270-1833)

第6次中期経営計画の見直しに関するお知らせ
当社は、平成24年5月11日に公表した第6次中期経営計画(2012年度から2014年度まで)の最終年度の経営目標について、見直しを行うことといたしましたのでお知らせいたします。当社グループは第6次中期経営計画において「アジア地域における事業の拡大」M&Aによる事業領、「域の拡張」「グループ経営管理の効率化」を重点施策とし、これらの施策に沿って国内外の事業拡大、にむけた成長戦略を推進するとともに、グループ全体の業務生産性向上を追求し、収益拡大に取り組んでおります。初年度である2012年度においては、台湾現地法人を設立するとともに現地有力企業との合弁会社を共同設立し、さらにアジア地域の顧客に対するサービス体制強化に向けてベトナムに駐在員事務所を開設いたしました。また、既存事業の拡大のみならず新たな事業領域への進出を目指し、M&Aにより株式会社インターセントラルを完全子会社化いたしました。しかしながら国内市場環境は、薄型パネル分野やエレクトロニクス分野などの国内製造業の不振を背景に、初年度から想定以上に厳しい状況となりました。国内経済は今後次第に回復へ向かうと期待されているものの、国内生産活動の動向に関しては依然として楽観できない情勢が続くものと思われます。このような状況に対応し、当社グループは収益改善に向けた取り組みを一層強化してまいりますが、経営環境の変化を踏まえ、最終年度の経営目標について下記のとおり見直しを行いました。


1.連結業績目標2014年度(平成24年5月11日公表)売上高営業利益営業利益率1,300億円115億円8.8%2014年度(今回見直し)1,000億円95億円9.5%

なお、配当につきましては、引き続き安定的な利益還元を重視したうえで、中長期的な配当性向を勘案し決定いたします。

以上



 情報提供元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120130510036657.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.