イエローハット平成25年3月期決算短信日本基準連結
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22520,133+22.2
TOPIX1,611+1.0
DOW21,395-2.5
NASDAQ6,237+2.7
$/¥111.3-0.02

 MSTGお奨め銘柄
[8367]南都銀行
[6617]東光高岳
[5541]大平洋金属
[4927]ポーラ・オル

 バーゲン銘柄
[3529]アツギ
[5900]ダイケン
[9880]イノテック

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
イエローハット平成25年3月期決算短信日本基準連結

平成25年3月期
上場会社名株式会社イエローハットコード番号9882代表者(役職名)代表取締役社長問合せ先責任者(役職名)経理部長定時株主総会開催予定日平成25年6月25日有価証券報告書提出予定日平成25年6月25日決算補足説明資料作成の有無:有決算説明会開催の有無

決算短信〔日本基準〕(連結)
平成25年5月10日上場取引所東

URLhttp://www.yellowhat.jp/(氏名)堀江康生(TEL)03-5695-1602(氏名)岡田孝二
配当支払開始予定日平成25年6月10日

:有(機関投資家アナリスト向け)
(百万円未満切捨て)

1.平成25年3月期の連結業績(平成24年4月1日~平成25年3月31日)(1)連結経営成績売上高
百万円%

(%表示は対前期増減率)

営業利益
百万円%

経常利益
百万円%

当期純利益
百万円%

25年3月期24年3月期
(注)包括利益

117,482103,110
25年3月期

13.98.3

7,0766,238
6,253百万円(

13.432.7
18.1%)

8,1487,188
24年3月期

13.438.5

6,0605,244
5,296百万円(

15.680.2
70.4%)

1株当たり当期純利益
円銭

潜在株式調整後1株当たり当期純利益
円銭

自己資本当期純利益率


総資産経常利益率


売上高営業利益率


25年3月期24年3月期
(参考)持分法投資損益

260.48218.81
25年3月期

――
101百万円

13.412.9
24年3月期

10.19.3
170百万円

6.06.1

(2)連結財政状態総資産
百万円

純資産
百万円

自己資本比率


1株当たり純資産
円銭

25年3月期24年3月期
(参考)自己資本25年3月期

82,12279,987
46,950百万円

46,95043,249
24年3月期

57.254.1
43,249百万円

2,068.771,787.51

(3)連結キャッシュフローの状況営業活動によるキャッシュフロー
百万円

投資活動によるキャッシュフロー
百万円

財務活動によるキャッシュフロー
百万円

現金及び現金同等物期末残高
百万円

25年3月期24年3月期2.配当の状況

11,1796,171

△1,766801

△7,900△3,009

7,3545,841

年間配当金
第1四半期末第2四半期末第3四半期末円銭円銭円銭

期末
円銭

合計
円銭

配当金総額(合計)
百万円

配当性向(連結)


純資産配当率(連結)


24年3月期25年3月期26年3月期(予想)

―――

10.0014.0018.00

―――

14.0018.0018.00

24.0032.0036.00

578733

11.012.316.0

1.41.7

3.平成26年3月期の連結業績予想(平成25年4月1日~平成26年3月31日)
(%表示は、通期は対前期、四半期は対前年同四半期増減率)

売上高
百万円%

営業利益
百万円%

経常利益
百万円%

当期純利益
百万円%

1株当たり当期純利益
円銭

第2四半期(累計)通期

57,500122,500

3.54.3

2,7007,500

4.16.0

3,2008,300

0.21.9

2,000△40.05,100△15.8

88.13224.72



注記事項:無
新規①②③④―社(社名)、除外―社(社名):有:無:有:無

(1)期中における重要な子会社の異動(連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動)

(2)会計方針の変更会計上の見積りの変更修正再表示
会計基準等の改正に伴う会計方針の変更①以外の会計方針の変更会計上の見積りの変更修正再表示

(注)「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第14条の7(会計方針の変更を会計上の見積りの変更と区別することが困難な場合)に該当するものであります。詳細は、【添付資料】P.21「4.連結財務諸表(5)連結財務諸表に関する注記事項(会計上の見積りの変更と区別することが困難な会計方針の変更)」をご覧ください。


 情報提供元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120130509036408.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.