日本電線工業中国における合弁会社設立
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22519,079+203.4
TOPIX1,519+16.0
DOW21,022+258.4
NASDAQ6,031+46.7
$/¥111.0+0.89

 MSTGお奨め銘柄
[8011]三陽商会
[5988]パイオラック
[7906]ヨネックス
[7445]ライトオン
[4927]ポーラ・オル
[8202]ラオックス

 バーゲン銘柄
[6303]ササクラ
[1914]日本基礎技術
[5900]ダイケン
[5988]パイオラック
[3529]アツギ

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
日本電線工業中国における合弁会社設立

平成24年9月18日各位





名日本電線工業株式会社植村稲村剛嗣憲稔5817大証第二部)(TEL06-4796-0020)

代表者名代表取締役社長(コード番号問合せ先取締役管理本部長兼総務部長兼経理部長

中国における合弁会社設立に関するお知らせ
当社は、本日(平成24年9月18日)開催の取締役会において、下記のとおり、中国に合弁会社を設立することを決定いたしましたので、お知らせいたします。


1.合弁会社設立の目的当社は、現在に至るまで、中国FA(ファクトリーオートメーション:工場における生産工程の自動化を図るシステム)市場に対し、現地会社の上海芦屋経貿発展有限公司を代理店とし、FAケーブルの拡販に努めてまいりました。今後、中国国内工場の人件費の高騰を受け、より一層のFA化の波が来ると思われることから、当社としては、販売ルートがある現地代理店と協力し、ケーブル加工を提案できる合弁会社を設立し、中国市場を中心とし、アジア市場も視野に入れた活動を推進するため、上海芦屋経貿発展有限公司と合弁会社を設立いたします。2.合弁会社の概要(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)会所代資社在表本名地者金上海日芦電線電纜有限公司中華人民共和国董事長上海市植村剛嗣

事業内容設立年月日出資比率事業開始日

光、メタルケーブル及び加工品販売47.6万米ドル2012年9月(予定)日本電線工業株式会社上海芦屋経貿発展有限公司2012年11月(予定)80%20%

3.合弁相手先の概要(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)会社名所在地代表者事業内容資本金設立年月日売上高大株主及び持株比率当社との関係上海芦屋経貿発展有限公司中華人民共和国董事長50万元2003年3月2,300万元姜維紅(90%)資本関係当社との間に資本関係はありません。人的関係当社との間に人的関係はありません。取引関係当社の代理店として、中国市場へ当社製品を販売しております。4.今後の見通し当該合弁会社設立による平成25年2月期の当社の業績へ与える影響は軽微であると見込んでおります。以上上海市姜維紅(JiangWeiHong)

コンパウンド、電線電纜の販売



 情報提供元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120120918006811.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.