イオン株4月度連結営業概況
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22519,687-126.3
TOPIX1,569-9.0
DOW21,080-2.7
NASDAQ6,210+4.9
$/¥111.3-0.52

 MSTGお奨め銘柄
[6617]東光高岳
[8202]ラオックス
[5541]大平洋金属
[4927]ポーラ・オル

 バーゲン銘柄
[3529]アツギ
[7999]MUTOHホ

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
イオン株4月度連結営業概況

2012月5月28日

各位
イオン株式会社
取締役兼代表執行役社長岡田元也

(コード番号8267)執行役社長室責任者平林秀博(電話番号043-212-6042)

イオン㈱4月度連結営業概況
1.業績の進捗
4月度の連結営業収益は、4,390億円、前期比106.7%となりました。
※月次の数値は、連結財務諸表作成基準での月次決算を実施していないため、管理会計上の数値です。

2.月度トピックス
4月5日から8日、GMSやSM等約1,200店舗において「イオンワールドフェスタトルコフェア」を初めて開催しました。イオンは、世界の優れた生産地から原料商品を調達する取り組みを進めており、期間中はトルコ産の商品など約200品目を展開し、お客さまに新たなトルコの魅力を紹介しました。4月13日から15日、イオングループ26社が結集し、「シニアシフト」の取り組みを広く紹介する「GRANDGENERATION’SCOLLECTIONinTOKYO」を東京国際フォーラムで開催しました。当社は、これまで強みとしてきたファミリー層に加え、今後増え続けるシニア層のニーズに対応して新たな成長機会を獲得すべく、商品売場SCサービスの4つの視点から様々な取り組みを進めてまいります。当社は、4月20日福岡県と包括提携協定を、27日京都市と地域活性化連携協定を締結しました。また、26日には愛知県の東三河8市町村で構成する東三河広域協議会と提携に関わる基本合意書を締結しました。両者は、地域貢献「WAON」の発行をはじめ、双方がもつ資源を有効に活用した協働を推進し、地域の活性化や住民サービスの向上に取り組んでまいります。4月26日、イオンディライト株式会社は、中国における総合FMS事業の更なる拡大を図るため、同社の子会社「永旺永楽物業服務有限公司」と中国天津市最大級の国営ディベロッパー企業集団「天津泰達集団有限公司」傘下の「天津泰達能源工程技術有限公司」、「天津濱海新都市投資有限公司」の3社による合弁会社を設立することを決議しました。4月27日から10日間、全国の「イオン」やショッピングセンター内専門店の合計23,000店舗で、お買い物金額が抽選で還元される大型企画「みんなにありがとう」セールを開催しました。また、“グランドジェネレーション”のお客さまの声に対応するべく、4月27日より東北エリアの「イオン」38店舗で朝8時開店を実施し、順次全国の各店舗に拡大することで、早朝にご来店いただくお客さまへの対応を強化しております。また、このような“グランドジェネレーション”のニーズへの対応に加え、今夏の電力需給逼迫の懸念を踏まえ、日中の電力ピークタイムを避け、早朝に営業時間をシフトすることでお客さまの節電の一助となれるよう、6月1日以降、開店時間をさらに早める朝7時開店に積極的に取り組んでまいります。

3.営業概況
4月度は、新入学、入社、転勤など新生活に対応した商品の品揃えを強化しました。また、新生活対応のセールの実施、トップバリュ拡販への継続した取り組み、シニア層の顧客への対応強化として65才以上のお客さま限定でお買い物が割引となる「ゆうゆう感謝デー」の3日間連続開催等、幅広いお客さまニーズへ対応する企画を強化しました。GMS事業が天候不順や昨年の震災特需の影響等を受けましたが、販促企画等が奏功した総合金融事業、ディベロッパー事業のほか、サービス事業が好調に推移しました。また、SM事業、戦略的小型店事業、専門店事業においても堅調に推移しました。


 情報提供元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120120528042583.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.