ニッパツ第三者割当による自己株式の処分
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22520,296-51.0
TOPIX1,665-4.1
DOW22,333-26.6
NASDAQ6,422-1.1
$/¥112.0-0.56

 MSTGお奨め銘柄
[8367]南都銀行
[5852]アーレスティ
[9613]NTTデータ
[8361]大垣共立銀行
[8202]ラオックス
[4927]ポーラ・オル

 バーゲン銘柄

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
ニッパツ第三者割当による自己株式の処分

平成24年2月24日各位会社名代表者名問合せ先ニッパツ(日本発条株式会社)代表取締役社長執行役員企画本部経営企画部長八代隆二(TEL.045-786-7513)第三者割当による自己株式の処分に関するお知らせ玉村和己(コード:5991、東証第1部)

日本発条株式会社(以下、「ニッパツ」といいます。)は、平成24年2月24日開催の取締役会において、下記のとおり第三者割当による自己株式の処分を決議致しましたので、お知らせ致します。1.処分要領(1)処分期日(2)処分株式数(3)処分価額(4)資金調達の額(5)募集又は処分方法(6)処分予定先(7)その他平成24年3月16日普通株式2,000,000株1株当たり854円1,708,000,000円第三者割当によるいすゞ自動車株式会社処分後の自己株式数7,870,154株(本件で決議しているいすゞ自動車株式会社に対する第三者割当による自己株式の処分後の自己株式の数であります。但し、平成23年10月1日以降の単元未満株式の買取及び売渡し分は含んでおりません。)2.処分の目的及び理由当社グループを取り巻く事業環境は、急激に変化しており、中国インドを中心とした新興国も引き続き成長しているものの、その成長率は鈍化してきております。当社グループとしては、自動車部品の海外メーカーとの競合環境も激しさを増している中、日系自動車メーカーへのタイムリーな対応が急務となっております。このような状況の中、当社グループにとって重要な取引先であるいすゞ自動車株式会社との一層の関係強化を図ることを目的に、第三者割当による自己株式処分を行うことと致しました。3.調達する資金の額、使途及び支出予定時期(1)調達する資金の額(差引手取概算額)1,708,000,000円(2)調達する資金の具体的な使途上記差引手取概算額1,708,000,000円につきましては、平成24年3月に返済予定の長期借入金の返済資金に充当する予定です。なお、上記資金使途に充当するまでの間、当該資金は当社銀行口座で管理致

-1-

します。4.資金使途の合理性に関する考え方当該自己株式の処分による調達資金は、長期借入金の返済資金に充当する予定であり、有利子負債の増加抑制となるとともに、自己資本が増強される事から、当社の企業価値向上に資すると考えており、当該資金の使途には合理性があると判断しております。5.処分条件等の合理性(1)払込金額の算定根拠及びその具体的内容処分価額につきましては、平成24年2月23日(当該自己株式処分に関する取締役会決議の前営業日)の東京証券取引所における当社株式の終値である854円と致しました。当該処分価額(854円)につきましては、日本証券業協会の「第三者割当増資の取扱いに関する指針」に準拠するものと考えており、処分価格である854円が特に有利な処分価額には該当しないものと判断しております。なお、上記処分価額につきましては、当該自己株式の処分に係る取締役会に出席した監査役全員が、特に有利な処分価額には該当しない旨の意見を表明しております。(2)処分数量及び株式の希薄化の規模が合理的であると判断した根拠本件で決議している第三者割当による自己株式の処分株式数の合計は2,000,000株であり、当社発行済株式数(244,066,144株)に対して0.82%(平成23年9月30日時点の総議決権数232,673個に対する割合は0.86%)であるため、株式の希薄化及び流通市場への影響は軽微であると考えております。本件により、当社グループにとって重要な取引先である処分予定先との関係強化を図ることとなり、また、自己資本が増強されるとともに、有利子負債の増加抑制となることから、当社の企業価値向上に資すると考えます。したがって、処分数量及び株式の希薄化の規模は合理的であると判断しております。6.処分予定先の選定理由等(1)処分予定先の概要(平成23年9月30日現在)①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪名所事資設決従主業要取立業本年算員引月在内称地容金日期数先いすゞ自動車株式会社東京都品川区南大井六丁目26番1号取締役社長細井行自動車及び部品並びに産業用エンジンの製造販売40,644百万円昭和12年4月9日1,696,845,339株3月31日24,461名(連結)(平成23年3月31日現在)各分野にて営業を展開しており多数の取引先を有しております。株式会社みずほコーポレート銀行


 情報提供元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120120224087672.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.