継続企業の前提に関する注記
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22520,341-57.1
TOPIX1,673-0.2
DOW22,296-53.5
NASDAQ6,371-56.3
$/¥111.7-0.57

 MSTGお奨め銘柄
[8367]南都銀行
[5852]アーレスティ
[9613]NTTデータ
[8361]大垣共立銀行
[8202]ラオックス
[4927]ポーラ・オル

 バーゲン銘柄

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
継続企業の前提に関する注記

平成23年12月29日各位
会社名株式会社アインザ代表取締役社長今井勉

代表者名問合せ先役職氏名電話

(銘柄コ-ド:3650)取締役管理本部部長久保田広幸03-5423-9722

継続企業の前提に関する注記についてのお知らせ
平成23年12月29日開催の当社取締役会において、当社の平成23年9月期における継続企業の前提に関する事項について、下記のとおり注記することを決議いたしましたのでお知らせいたします。記

当社は、当期事業年度に64,726千円の当期純損失を計上した結果、47,950千円の債務超過となりました。このような状況を踏まえ、当社は下記施策の確実な実行により、収益獲得の機会を増やすとともに早期に資金繰りを安定化させ、当該状況を解消し又は改善を進めておりますが、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められます。

(1)ITアウトソーシング事業の顧客開拓当社ITアウトソーシング事業では、顧客の更なる開拓とそれに対応する社員の採用やアライアンス企業の開拓を進め売上の向上に務めます。そのための営業人員を増やし、体制を強化しています。

(2)Webサービス事業の展開の見直し当社Webサービス事業では、現在は、仕掛り案件は、増えているものの売上増加につながっていません。そのため、営業先の選択と集中を進め、売上への即効性の高い案件から集中的に進め売上の向上につなげます。

(3)経費削減を中心とした経営改善当社におきましては、固定的コストの削減等によりバランスシートの改善を継続的に進めております。

1

また、外部との提携協力体制の整備により、自社の経費負担を低減しながら、売上を向上させることで収益効率の改善も継続的に進めております。

(4)管理体制の強化予算制度の精度の向上、稟議システムの改善、キャッシュフロー管理体制の改善等、管理体制の強化を図っております。

(5)経営安定資金の確保当社は、取引金融機関と緊密な関係を維持しており、当面の厳しい事業環境を乗り越えるべく、継続的な取引をしてゆく中で資金計画の見直しを図り財務バランスを改善いたします。また、当社の関係先の協力による増資等で安定資金確保を進めております。

しかし、これらの対応策を関係者との協議を行いながら進めている途上であるため、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められます。なお、計算書類及びその附属明細書は継続企業を前提として作成しており、上記のような継続企業の前提に関する重要な不確実性の影響を計算書類及びその附属明細書には反映しておりません。

以上

2



 情報提供元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120111229060950.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.