リミックスポイント事業の一部譲渡
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22522,553-141.2
TOPIX1,793-14.7
DOW24,652+143.1
NASDAQ6,937+80.1
$/¥112.6-0.20

 MSTGお奨め銘柄
[8367]南都銀行
[5852]アーレスティ
[8508]Jトラスト
[6298]ワイエイシイ
[6644]大崎電気工業
[6412]平和

 バーゲン銘柄
該当銘柄なし

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
リミックスポイント事業の一部譲渡

平成23年12月28日各位

株式会社リミ代表取締役社長電話番号

ポイント髙田真吾(コード番号:3825)(03)6206-2220







事業の一部譲渡に関するお知らせ

当社は、平成23年12月28日開催の取締役会において、平成23年11月29日付で公表した「事業の一部譲渡に向けた基本合意に関するお知らせ」のとおり、当社が手掛けるソフトウェア開発関連事業の一部を平成24年2月1日付にて株式会社デジタルデザインに事業譲渡することを決議いたしましたので、お知らせいたします。

1.事業譲渡の理由当社は、創業からこれまで様々な業種業態向けの業務用アプリケーションソフトウェアの開発業務を中心に、「画像解析ソリューション」「動画ソリューション」「データマネジメントソリューション」「中古車関連ソリュー、、、ション」とその周辺サービスなどのソフトウェア開発関連事業に取り組んでまいりました。今回対象となっている「画像解析ソリューション」、「動画ソリューション」、「データマネジメントソリューション」とその周辺サービス(以下、これらのソリューションやサービスをまとめて「譲渡対象事業」という)については、当社の創業時からのコア商材の一部であったものの、現在では中古車関連事業者をターゲットとした業務アプリケーション製品およびその周辺サービス(以下、「中古車関連ソリューション」という)の提供が堅調に推移し、業績面でもソフトウェア開発関連事業の売上高に占める割合が増加し、その中核を担うまでになりました。一方、譲渡対象事業においては、昨今の景気の悪化と営業力の不足を補う施策が不十分であったこと、さらに製品開発のための積極的な投資ができなかったことなどにより低迷が続いており、限られた人的資金的経営資源の中で、譲渡対象事業を継続するためには、引き続き人員と開発資金の維持確保が必要になっておりました。こうした中、平成23年6月30日付で公表した「株式会社デジタルデザインとの業務提携に関するお知らせ」のとおり、両社の有する技術開発力、販売網、営業力を共有することをはじめ、双方の強みをより一層活かすことによる相互補完を目的として株式会社デジタルデザインと業務提携を行い、継続的な事業発展の実現に向けた施策の検討実施に努めてまいりました結果、当社は、収益基盤回復に向け差別化できる分野の選択と集中に重点を置き、「中古車関連ソリューション」を当社のコンピタンスと位置づけるという判断のもと、平成23年11月29日付で公表した「事業の一部譲渡に向けた基本合意に関するお知らせ」のとおり、譲渡対象事業を株式会社デジタルデザインに事業譲渡することについての基本合意契約締結に至りました。上記基本合意契約の締結に伴い、譲渡対象事業における取引先様や主要な株主様を対象として、事業譲渡にかかる

基本合意に至った経緯をはじめ、事業譲渡後の取引内容や取引体制などの説明を行い、順調にその内諾や理解を得られている状況を鑑み、上記基本合意契約で予定しているとおり平成24年2月1日付で譲渡対象事業を株式会社デジタルデザインに事業譲渡することといたしました。当社は、本事業譲渡により財務体質を強化するとともに、今後、これまでのソフトウェア開発関連事業で培った経営資源を「中古車関連ソリューション」に集中させ、業務アプリケーション製品およびその周辺サービスの提供に極的に


 情報提供元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120111228060417.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.