ファンドクリエーショングループ業績予想の修正
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22519,960-119.8
TOPIX1,621-5.6
DOW21,830+33.8
NASDAQ6,375-7.5
$/¥110.7-0.51

 MSTGお奨め銘柄
[8367]南都銀行
[9613]NTTデータ
[8361]大垣共立銀行
[8202]ラオックス
[4927]ポーラ・オル

 バーゲン銘柄

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
ファンドクリエーショングループ業績予想の修正



平成23年12月27日各位東京都千代田区麹町一丁目4番地株式会社ファンドクリエーショングループ代表取締役社長田島克洋(コード番号:3266)問合せ先:経営企画部長吉田隆電話番号:(03)5215-5215(代表)

業績予想の修正に関するお知らせ
当社は、最近の業績の動向等を踏まえ、平成23年10月13日付で開示いたしました平成23年11月期(平成22年12月1日~平成23年11月30日)の業績予想を下記のとおり修正いたしましたので、お知らせいたします。なお、現在監査法人による期末監査を受けており、決算数値に変更が生じる場合は速やかに開示いたします。記1.平成23年11月期連結業績予想の修正売上高4,180842△3,338△79.91,859営業利益52924480.0△184(単位:百万円)経常利益当期純利益△12025△3189△1216641164.0△157

前回公表予想(A)今回修正予想(B)増減額(B-A)増減率(%)(ご参考)前期実績(平成22年11月期)

2.修正理由売上高につきましては、当期の事業計画において不動産物件の売却を予定しておりました。このうち、1物件につきましては、現物不動産での売却を当初想定しておりましたが、平成23年11月30日付で開示いたしましたとおり、匿名組合出資持分の売却に変更したため、売上高420百万円の減少となりました(会計上、匿名組合出資持分の売却は、取得価額と売却価額の差額が売上高となります)。また、別の1物件につきましては、売却活動を進めておりましたが、売却候補先の提示した価格と当社の希望価格とで折り合いがつかなかったため、売却時期を来期以降に見送ることといたしました。これらにより、前回予想比で3,338百万円減少し842百万円の売上高となる見込みとなりました。営業利益につきましては、当初見込んでおりませんでした不動産ファンドに係るフィー20百万円を計上したほか、外注費の見直しによる経費削減等により前回予想比で24百万円増加し29百万円の営業利益となる見込みとなりました。経常利益につきましては、営業利益の増加や受取配当金の増加等により、前回予想比で89百万円改善し31百万円の経常損失となる見込みとなりました。当期純利益につきましては、経常損失の減少等により、前回予想比で41百万円増加し66百万円の当期純利益となる見込みとなりました。







 情報提供元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120111227059963.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.