リアルコム業績予想開示
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22523,870+195.0
TOPIX1,804+16.4
DOW26,744+86.5
NASDAQ7,987-41.3
$/¥112.5+0.34

 MSTGお奨め銘柄
[8186]大塚家具
[4565]そーせいグル
[6274]新川
[6773]パイオニア
[8281]ゼビオホール
[2151]タケエイ

 バーゲン銘柄
[3529]アツギ
[5983]イワブチ
[1960]サンテック
[4033]日東エフシー

 MSTG NEWS

Check
 上場企業ニュース
リアルコム業績予想開示

平成23年11月30日各位東京都台東区柳橋一丁目4番4号リアルコム株式会社代表取締役社長谷本肇(コード番号:3856東証マザーズ)問合せ先:取締役執行役員CFO山本融(連絡先03-5835-3180(代表))

業績予想開示に関するお知らせ
当社は平成23年6月期決算短信において、財務基盤強化及び収益力強化のための資本提携を模索中であることから、平成24年6月期の連結及び単体の業績予想を未定としておりました。今般、平成23年11月24日開催の当社臨時株主総会において、リアルコム株式会社とWWB株式会社(以下、WWBという)との株式交換契約(以下、本株式交換という)につき承認決議され、同月29日に本株式交換の効力が発生しております。平成23年11月24日付「当社とWWB株式会社との株式交換契約に関する当社臨時株主総会での可決承認のお知らせ及び平成24年6月期当社グループ連結業績予想の開示日についてのお知らせ」にてお知らせしております通り、当社グループ平成24年6月期の連結業績予想につき、下記の通りお知らせいたします。なお、単体の業績予想については、単体としてのIT事業に加え、親会社としての主に財務面における活動による費用等が発生することから、今後の第三者割当増資等の資金調達を行った際の費用等により、損益が変動することから、現時点では、予想可能な範囲で、連結業績予想の前提としての単体の事業計画について述べております。記1.平成24年6月期の連結業績予想(平成23年7月1日①第2四半期連結業績予想(平成23年7月1日~~平成24年6月30日)単位:百万円

平成23年12月31日)

売上高今回発表予想(ご参考)前年同期実績
注)

営業利益△43

経常利益△54

当期純利益△50

234

335

△45

△73

△84

1)予想数値においては、WWBの業績は、第3四半期より連結業績に取り込まれます。従って、第2四半期連結累計期間の予想値においては、WWBの業績は反映されておりません。1

2)上記前年同期実績には、リアルコムUSの実績値が含まれます。



通期連結業績予想(平成23年7月1日



平成24年6月30日)単位:百万円

売上高今回発表予想(ご参考)前年同期実績1,388

営業利益30

経常利益10

当期純利益1

700

△76

△120

△23

注)上記前年同期実績には、リアルコムUSの実績値が含まれます。2.業績予想の概要①連結処理本株式交換は、当社を完全親会社、WWBを完全子会社とするものですが、企業結合会計上WWBを取得会社、当社を被取得会社とする逆取得に該当し、連結財務諸表上、のれんが発生いたします。また、本株式交換の効力発生日は平成23年11月29日となりますが、企業結合会計基準に則り、平成23年11月30日をみなし取得日とし、みなし取得日である本日の当社株価終値に当社本株式交換効力発生前の発行済み株式数16,172株を乗じたものが逆取得における取得価値となります。従って、当社グループ連結財務諸表においては、みなし取得日である平成23年11月30日現在のWWBのバランスシートを結合し、みなし取得日以降のWWBの業績が連結の業績に反映されます。また、WWBは5月決算の会社であり、通期業績においては、平成23年11月30日から平成24年5月31日までのWWBの業績を当社グループ平成24年6月期連結業績に反映する予定でおります。従って、WWBの11月30日からの業績は、当社グループの第3四半期連結累計期間からの反映となり、上記第2四半期累計期間の業績予想においては、WWBの業績は反映しておりません。②のれんについて本株式交換により発生する、のれんは、本株式交換のみなし取得日の取得価値325百万円(みなし取得日である本日当社株価終値20,100円に本株式交換効力発生前の当社発行済み株式数16,172株を乗じたもの)と当社平成23年11月30日現在の予想純資産△401百万円の差額により発生いたします。企業結合会計上、逆取得のため当該のれんの対象となる事業は当社単体の事業となり、当社事業の収益見込みよりのれんの回収可能額を評価し、その償却年数を決定いたします。本日現在、当社平成23年11月30日現在の純資産の金額が確定しておりませんので、本日開示いたします連結業績予想においては、予想純資産をベースに当該のれんを計算しております。従いまして、平成23年11月30日現在の当社純資産の金額が確定し次第、別途のれんの確定金額につきお知らせいたします。2


 情報提供元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120111130050917.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.