興銀リース東芝ファイナンス株式会社から分割される法人向け金融サービス事業会社及びその他子会社の株式取得に関する基本合意
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22519,713+26.6
TOPIX1,574+4.5
DOW21,080-2.7
NASDAQ6,210+4.9
$/¥111.4+0.16

 MSTGお奨め銘柄
[6617]東光高岳
[8202]ラオックス
[5541]大平洋金属
[4927]ポーラ・オル

 バーゲン銘柄
[3529]アツギ
[7999]MUTOHホ

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
興銀リース東芝ファイナンス株式会社から分割される法人向け金融サービス事業会社及びその他子会社の株式取得に関する基本合意

平成23年9月20日各位

会社名代表者の役職氏名問い合わせ先電話番号

興銀リース株式会社代表取締役社長阿部勗

(コード番号:8425東証第1部)常務締役画取企部長畠山督03-5253-6511(代表)

東芝ファイナンス株式会社から分割される法人向け金融サービス事業会社及びその他子会社の株式取得に関する基本合意のお知らせ

当社は、株式会社東芝(以下「東芝」という)及び東芝ファイナンス株式会社(以下「東芝ファイナンス」という)との間で東芝ファイナンスの法人向け金融サービス事業を会社分割により事業承継する会社(以下「受皿会社」という)の株式を取得し、また、併せて東芝ファイナンスの子会社である東芝医用ファイナンス株式会社(以下「東芝医用ファイナンス」という)の株式を取得することに関して基本合意に至りましたので、下記のとおりお知らせいたします。記1.株式取得の目的東芝ファイナンスは、東芝グループのファイナンス会社としてグループ各社やその取引先を顧客とする法人向け事業とオートローンを中心とする個人向け事業を展開しております。今般、当社は東芝ファイナンスの法人向け金融サービス事業を会社分割により事業承継する受皿会社の株式を取得し子会社化いたします。今後、当該受皿会社は当社の金融ノウハウと提案力を活用し、東芝グループの多様なファイナンスニーズにお応えするとともに広範多岐に亘る販売チャネルとの連携強化を図ることで営業基盤を一層拡充してまいります。当社グループとしては、現在推進中の第3次中期経営計画において「法人向け総合金融サービスグループとして一段の発展」を目指しており、本件はその成長戦略の実現に向けた重点施策として取り組むものであります。当社グループは、本件により東芝グループの有する裾野の広い商圏において、グローバルな営業活動も含め積極的に金融サービス事業の展開を図り更なる業容拡大を進めてまいります。2.株式取得の方法(1)受皿会社の株式東芝ファイナンスは自社を分割会社とする会社分割を実施し、リースを中心とする法人向け金融サービス事業を受皿会社が事業承継いたします。会社分割後、事業承継した受皿会社の株式について、当社が90%を取得(子会社化)し、東芝が10%を取得いたします。なお、会社分割は東芝ファイナンスの100%出資子会社でリース満了資産の処理業務を行うティーファス株式会社を受皿会社とする吸収分割を予定しております。

-1-

(2)東芝医用ファイナンスの株式東芝医用ファイナンスの株式は、現在、東芝ファイナンスが80%を保有し、残り20%を医療用機器の製造販売を行う東芝メディカルシステムズ株式会社が保有しております。今般、東芝ファイナンスの保有する株式について、当社が65%を取得(子会社化)し、東芝メディカルシステムズ株式会社が15%を追加取得し35%保有いたします。3.異動子会社の概要(1)事業承継後の受皿会社①名②所④事⑤資業本決算期営経業常収利益益在内称地容金未定東京都品川区大崎三丁目6番6号(予定)未定リース、割賦販売、貸付未定平成22年3月期16,657百万円2,330百万円平成23年3月期14,875百万円3,064百万円

③代表者の役職氏名


 情報提供元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120110920014099.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.