ジョイフル平成23年12月期第2四半期決算短信日本基準連結
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22522,532-126.1
TOPIX1,693-11.8
DOW25,444+64.9
NASDAQ7,449-36.1
$/¥112.6-0.06

 MSTGお奨め銘柄
[7173]東京きらぼし
[8358]スルガ銀行
[8382]中国銀行
[4565]そーせいグル
[7242]KYB
[8508]Jトラスト

 バーゲン銘柄
[5983]イワブチ
[3529]アツギ
[7703]川澄化学工業
[2329]東北新社
[1914]日本基礎技術

 MSTG NEWS

Check
 上場企業ニュース
ジョイフル平成23年12月期第2四半期決算短信日本基準連結

)66610.66△0943.2050,32.2041,32.0028,06

(

)

(

13

21

32

32

21

32
)

.3
(

00020002

0001000100010001

)

(

212121

323222

.2
700,210380408093219.243.2422700,21394,11394,11979,72051,722132)2121(2232

)2(
5312357△21212232

9.98

726122△

5.4814.34

870,1645,1

8.0615.04

911,1375,1

2.12.0△

513,92552,92

2121

2232

)

(

)

(

)1(

03
)(

32

32

21

32

.1

31321317)155(790)LET(pj.oc.llufyoj.www//:ptthLRU32

11))((

32))2499((

23

12

(

)





592,904,92437,225,2009,139,13

2

212121

222222

531,904,92087,225,2009,139,13

212121

323232

③②)①)4(
)(



②①)3(
))(

)2(
(

)

(

)
..P

()1(

.4

㈱ジョイフル(9942)平成23年12月期第2四半期決算短信

㈱ジョイフル(9942)平成23年12月期第2四半期決算短信

○添付資料の目次
1.当四半期の連結業績等に関する定性的情報2234555

(1)連結経営成績に関する定性的情報(2)連結財政状態に関する定性的情報(3)連結業績予想に関する定性的情報2.その他の情報

(1)期中における重要な子会社の異動の概要(2)簡便な会計処理及び四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の概要(3)四半期連結財務諸表の作成に係る会計処理の原則手続、表示方法等の     変更の概要3.四半期連結財務諸表

566810111111

(1)四半期連結貸借対照表(2)四半期連結損益計算書(3)四半期連結キャッシュフロー計算書(4)継続企業の前提に関する注記(5)セグメント情報(6)株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記

1

512.0292

5.04

41710121

11

2

4.3451 

 

)1(

.1
㈱ジョイフル(9942)平成23年12月期第2四半期決算短信

3.03

72②

217797

02215 172①)2(

956

25

3

 

01 

0.71

411 01

956

117

㈱ジョイフル(9942)平成23年12月期第2四半期決算短信

㈱ジョイフル(9942)平成23年12月期第2四半期決算短信

4

1.82

110132)3(

 

㈱ジョイフル(9942)平成23年12月期第2四半期決算短信

2.

その他の情報
該当事項はありません。

(1)期中における重要な子会社の異動の概要(連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動)

(2)簡便な会計処理及び四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の概要①簡便な会計処理ⅰ)固定資産の減価償却費の算定方法減価償却の方法として定率法を採用している資産については、当連結会計年度に係る減価償却費の額を期間按分して算定しております。ⅱ)経過勘定項目の算定方法固定費的な要素が大きく、予算と実績の差異が僅少のものについては、合理的な算定方法による概算額で計上する方法によっております。ⅲ)繰延税金資産及び繰延税金負債の算定方法繰延税金資産の回収可能性の判断に関しては、前連結会計年度末以降に経営環境及び一時差異等の発生状況に著しい変化がないと認められるので、前連結会計年度において使用した将来の業績予測やタックスプランニングを利用する方法によっております。


 情報提供元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120110628069812.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.