東京スタイル営業外費用の計上及び繰延税金資産の取崩し等による業績予想の修正
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22523,808+44.7
TOPIX1,890+12.9
DOW26,010-7.5
NASDAQ7,310+13.8
$/¥110.7-0.57

 MSTGお奨め銘柄
[8367]南都銀行
[8508]Jトラスト
[9729]トーカイ
[6644]大崎電気工業

 バーゲン銘柄
[5900]ダイケン
[3948]光ビジネスフ

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
東京スタイル営業外費用の計上及び繰延税金資産の取崩し等による業績予想の修正

平成23年4月13日各位会社名代表者名問合せ先

株式会社東京スタイル取締役社長中島芳樹(コード:8112、東証第一部)執行役員経営統轄本部経営企画部長門田潔(TEL.03-3262-8111)

営業外費用の計上及び繰延税金資産の取崩し等による業績予想の修正に関するお知らせ

平成22年4月14日に公表致しました平成23年2月期(平成22年3月1日~平成23年2月28日)の業績予想を下記のとおり修正しますのでお知らせ致します。



1.当期の連結業績予想数値の修正(平成22年3月1日~平成23年2月28日)(単位:百万円)売前回発表予想(A)今回修正予想(B)増増減減額(B-A)率(%)上高55,00056,0001,0001.852,196営業利益3,500500△3,000△85.7422経常利益5,200△1,400△6,600―4,281当期純利益4,700△10,500△15,200―7401株当たり当期純利益53.33△119.17△172.47―8.40

(ご参考)前期連結実績(平成22年2月期)

2.修正の理由当連結会計年度の業績につきましては、売上高は新ブランドの投入等により概ね計画通りに推移致しましたものの、記録的な猛暑と暖冬の影響で値下げ販売比率が高まった為に売上総利益率が低下したうえ、下期にブランド開発、新規出店への投資や宣伝販促の強化などの諸施策を積極的に展開した結果として経費が増加した為、営業利益が当初予想を大幅に下回りました。加えて、平成16年から平成20年にかけて取得した複合金融商品に組み込まれたデリバティブについて、急激な円高等により約36億円の評価損を計上した為、経常利益は大幅な損失となりました。さらに、平成21年2月期に計上した繰延税金資産(リーマンショックによる株価の低迷に伴い発生した有価証券評価損及び投資有価証券評価損に対するもの)の回収可能性について慎重に検討した結果、また、本年6月の株式会社サンエーインターナショナルとの経営統合に向けた資産内容の適正化の観点も勘案し、当連結会計年度において繰延税金資産約80億円を取り崩すこととした為、当期純利益についても大幅な損失となりました。







 情報提供元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120110413088352.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.