鳥居薬品ALK-AbelloASとのダニを抗原とするアレルギー疾患を対象とした減感作免疫療法薬等に関するライセンス契約の締結
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22521,302+51.6
TOPIX1,555+0.7
DOW25,680-84.1
NASDAQ7,702-113.9
$/¥110.1-0.05

 MSTGお奨め銘柄
[8367]南都銀行
[8341]七十七銀行
[8524]北洋銀行
[7189]西日本フィナ
[8377]ほくほくフィ
[8714]池田泉州ホー

 バーゲン銘柄
[3529]アツギ
[6815]ユニデンホー
[5451]淀川製鋼所
[4987]寺岡製作所
[7925]前澤化成工業

 MSTG NEWS

Check
 上場企業ニュース
鳥居薬品ALK-AbelloASとのダニを抗原とするアレルギー疾患を対象とした減感作免疫療法薬等に関するライセンス契約の締結

2011年1月28日各位会社名鳥居薬品株式会社代表者名代表取締役社長松尾紀彦(コード:4551東証第一部)問合せ先経営企画部長梅田高弘(TEL:03-3231-6814)

ALK-AbellóA/Sとのダニを抗原とするアレルギー疾患を対象とした減感作(免疫)療法薬等に関するライセンス契約の締結について

鳥居薬品株式会社(本社:東京、社長:松尾紀彦、以下「鳥居薬品」)は、ALK-AbellóA/S(本社:デンマーク、社長兼CEO:JensBager、以下「ALK社」)と、ALK社が保有するダニを抗原とするアレルギー疾患(喘息およびアレルギー性鼻炎)を対象とした減感作(免疫)療法薬について、日本における独占的開発販売権に関するライセンス契約を本日締結しました。また、この契約では、ダニアレルギーの診断薬も対象としており、スギ花粉を抗原とするアレルギー疾患を対象とした減感作(免疫)療法薬の製剤に関する共同研究開発も行うこととしています。ALK社は、ダニを抗原とするアレルギー疾患(喘息およびアレルギー性鼻炎)を対象とした減感作(免疫)療法薬に関し、注射剤「Alutard®」および診断薬を欧州等で販売しており、現在、錠剤「MITIZAX®」を臨床試験中です。また、当社はスギ花粉エキスの舌下投与による減感作(免疫)療法薬の臨床試験を実施しており、今後、ALK社の保有する製剤技術ノウハウを活用し、より利便性の高い錠剤の開発にも共同で取り組みます。本契約締結に伴い、当社はALK社に対し契約一時金30百万ユーロと今後の開発の進捗に応じたマイルストーン30百万ユーロ、総額60百万ユーロを支払うとともに、上市後は売上高に応じたロイヤリティと一定の売上高に達した場合の一時金を支払うこととなります。<ALK社の概要>名称:ALK-AbellóA/S本社:デンマークホシュロム設立:1923年社長兼CEO:JensBager(イェンスべーガー)事業内容:アレルギー疾患領域における治療予防診断薬の研究開発ならびに製造販売その他:NASDAQOMXCopenhagenに上場<その他>今回のライセンス契約締結に伴い一時金の支払いが発生することから、2010年10月28日に公表しました当期(平成23年3月期)の通期の業績予想を修正しております。詳しくは、本日付のプレスリリース(業績予想の修正に関するお知らせ)をご参照下さい。以上



 情報提供元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120110127019470.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.