リアルビジョン業績予想の修正
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22523,870+195.0
TOPIX1,804+16.4
DOW26,744+86.5
NASDAQ7,987-41.3
$/¥112.5+0.34

 MSTGお奨め銘柄
[8186]大塚家具
[4565]そーせいグル
[6274]新川
[6773]パイオニア
[8281]ゼビオホール
[2151]タケエイ

 バーゲン銘柄
[3529]アツギ
[5983]イワブチ
[1960]サンテック
[4033]日東エフシー

 MSTG NEWS

Check
 上場企業ニュース
リアルビジョン業績予想の修正

平成22年10月27日各位上場会社名代表者(コード番号問合せ先責任者(TEL株式会社リアルビジョン代表取締役社長 杉山尚志6786)取締役管理部長 三須貴夫045-473-7331)

業績予想の修正に関するお知らせ
最近の業績動向を踏まえ、平成22年5月14日に公表した業績予想を下記の通り修正いたしましたのでお知らせいたします。


● 業績予想の修正について
平成23年3月期第2四半期(累計)連結業績予想数値の修正(平成22年4月1日~平成22年9月30日)売上高
百万円

営業利益
百万円

経常利益
百万円

四半期純利益
百万円

1株当たり四半期純利益
円銭

前回発表予想(A)今回発表予想(B)増減額(B-A)増減率(%)(ご参考)前期第2四半期実績(平成22年3月期第2四半期)

1,2001,013△187△15.6887

△80△218△138―△219―

△85△243△158―△203

△140△190△50△191

△3,399.21△4,621.38

△4,648.15

平成23年3月期通期連結業績予想数値の修正(平成22年4月1日~平成23年3月31日)売上高
百万円

営業利益
百万円

経常利益
百万円

当期純利益
百万円

1株当たり当期純利益
円銭

前回発表予想(A)今回発表予想(B)増減額(B-A)増減率(%)(ご参考)前期実績(平成22年3月期)

2,7002,200△500△18.52,112

35△330△365―△328―

25△350△375―△346

△100△310△210△309

△2,428.01△7,526.83

△7,513.29

修正の理由1.平成23年3月期第2四半期累計期間(平成22年4月1日~平成22年9月30日)第2四半期累計期間の売上について、国内の医用向け画像システム販売は順調に伸長しましたが、韓国の子会社WIDECorp.(以下、WIDE社)の産業用液晶モニターの販売は、北米及びアジアで堅調に推移したものの、比重の高い欧州での販売が財政不安による景気停滞の影響を受け、当初計画を大幅に下回る見込みであります。その結果、売上高は前年同期比で増収となるものの、当初計画比15.6%の減収となる見込みであります。また、販売費及び一般管理費について、WIDE社の医用向け液晶モニターの新製品開発や欧州メーカー向け液晶モニターのOEM供給の準備等で増加する見込みであります。以上の結果、営業利益、経常利益及び四半期純利益つきましても、前年同期並となりますが、前回発表予想を下回る見込みであります。2.平成23年3月期通期(平成22年4月1日~平成23年3月31日)通期の売上について、国内の医用向け画像システム販売は引続き順調に推移することが見込まれております。しかしながら、WIDE社につき、下期にロシアでの大型案件(航空管制向け液晶モニター)を獲得し、また、欧州メーカー向け液晶モニターのOEM供給も開始されますが、比重の高い欧州での売上が計画未達となり、当初計画を大幅に下回る見込みであります。その結果、売上高は前年同期比で若干の増収となるものの、当初計画比18.5%の減収となる見込みであります。売上高が前回発表予想を下回る一方、販売費及び一般管理費については上述のように増加しており、営業利益、経常利益及び四半期純利益につきましても、前年同期並となりますが、前回発表予想を下回る見込みであります。なお、当期売上高には、アミューズメント向けグラフィックスLSI「JIGENシリーズ」の売上は含まれておりません。当期は、当該LSI向けの開発ツール「Racroix」の機能強化と顧客の開発のサポート等を推進しております。また、WIDE社につき、韓国の現代財閥の有力企業グループであるHallaグループのHallaInvestment&ConsultingCo.(以下、HallaI&C)に対し、平成22年8月にKRW1,000百万の第三者割当増資を行い、平成22年10月に韓国のベンチャーキャピタルであるStonebridgeCapitalInc.に対し、KRW2,000百万の転換社債型新株引受権付社債を発行しました。現在、HallaI&Cへの追加増資等の調整を行っておりますが、当該増資等の発行方法及び払込金額によりWIDE社は当社連結子会社より持分法適用子会社になることも予想されます。従い、今後、当該増資等により通期業績予想の修正が必要な場合は、速やかにお知らせいたします。※上記の予想数値は、本資料の発表日現在において、入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績は、今後様々な要因よって予想数値と異なる場合があります。


 情報提供元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120101022040735.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.