KADOKAWA訂正グループ企業再編に関するお知らせの一部訂正
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22522,201+110.4
TOPIX1,617+2.0
DOW26,560+110.0
NASDAQ7,998+2.0
$/¥111.9+0.08

 MSTGお奨め銘柄
[8341]七十七銀行
[8367]南都銀行
[8524]北洋銀行
[8508]Jトラスト
[7189]西日本フィナ
[8336]武蔵野銀行

 バーゲン銘柄
[3529]アツギ
[7999]MUTOHホ
[7703]川澄化学工業
[7925]前澤化成工業
[5909]コロナ

 MSTG NEWS

Check
 上場企業ニュース
KADOKAWA訂正グループ企業再編に関するお知らせの一部訂正

平成22年9月30日各位
会社名株式会社角川グループホールディングス代表者名代表取締役社長佐藤辰男(コード番号9477東証第一部)問合せ先取締役統括マネジャー山口貴(TEL.03-3238-8401)

(訂正)「グループ企業再編に関するお知らせ」の一部訂正に関するお知らせ
当社は、平成22年9月30日に公表しました「グループ企業再編に関するお知らせ」について、一部訂正しましたので、下記のとおりお知らせします。なお、訂正箇所は下線にて表示しております。また、修正後の「グループ企業再編に関するお知らせ」を添付しておりますので、ご参照下さい。記<訂正箇所①>1.企業再編の目的【修正前】③デジタル事業の強化iPadをはじめとする新たな電子端末の登場により、当社グループが豊富に有するコンテンツを活用した新たなビジネスチャンスが到来しており、電子書籍、ソーシャルアプリ、電子マガジン、CGMなど、今後大きな成長が見込める分野での事業展開を効率化強化すべく、株式会社アスキーメディアワークス(以下、アスキーメディアワークス)と株式会社魔法のiらんど(以下、魔法のiらんど)との合併、並びに株式会社角川コンテンツゲート(以下、角川コンテンツゲート)と株式会社ワーズギア(以下、ワーズギア)との合併を行なうことといたしました。【修正後】③デジタル事業の強化iPadをはじめとする新たな電子端末の登場により、当社グループが豊富に有するコンテンツを活用した新たなビジネスチャンスが到来しており、電子書籍、ソーシャルアプリ、電子マガジン、CGMなど、今後大きな成長が見込める分野での事業展開を効率化強化すべく、株式会社アスキーメディアワークス(以下、アスキーメディアワークス)と株式会社魔法のiらんど(以下、魔法のiらんど)との合併、並びに株式会社角川コンテンツゲート(以下、角川コンテンツゲート)とワーズギア株式会社(以下、ワーズギア)との合併を行なうことといたしました。

-1-

<訂正箇所②>2.合併当事会社の概要と合併の目的(1)角川書店と角川映画の合併③合併新会社の概要【訂正前】(前略)
(2)事業所所在地千代田区富士見2-13-3(平成23年6月に千代田区住友不動産富士見一丁目ビル(仮称)移転し事業所の集約を予定)

(後略)【訂正後】(前略)
(2)事業所所在地千代田区富士見2-13-3(平成23年6月に千代田区住友不動産富士見一丁目ビル(仮称)に移転し事業所の集約を予定)

(後略)<訂正箇所③>2.合併当事会社の概要と合併の目的(2)角川マーケティングと角川エスエスコミュニケーションズの合併③合併新会社の概要【訂正前】(前略)
(3)事業内容ザテレビジョン、ウォーカーシリーズ、レタスクラブ、毎日が発見等の情報誌の発行、書籍、ムックの発行、Web、モバイル、通販事業ムックの発行、通販事業

(後略)【訂正後】(前略)
(3)事業内容ザテレビジョン、ウォーカーシリーズ、レタスクラブ、毎日が発見等の情報誌の発行、書籍、ムックの発行、Web、モバイル、通販事業

(後略)<訂正箇所④>2.合併当事会社の概要と合併の目的(3)アスキーメディアワークスと魔法のiらんどの合併③合併新会社の概要【訂正前】(前略)


 情報提供元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120100930022507.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.