松尾電機公益財団法人財務会計基準機構への加入状況及び加入に関する考え方等
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22523,816+8.3
TOPIX1,889-0.6
DOW26,072+53.9
NASDAQ7,336+40.3
$/¥110.8+0.11

 MSTGお奨め銘柄
[8367]南都銀行
[8508]Jトラスト
[9729]トーカイ
[6644]大崎電気工業

 バーゲン銘柄

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
松尾電機公益財団法人財務会計基準機構への加入状況及び加入に関する考え方等

平成22年6月25日各位会社名松尾電機株式会社代表者名問合せ先代表取締役社長執行役員(コード番号6969執行役員総務経理部門長清水巧薫大証第2部)竹野井

(TEL:(06)6332-0871)公益財団法人財務会計基準機構への加入状況及び加入に関する考え方等に関するお知らせ

当社における平成22年3月期末(平成22年3月31日)現在の財務会計基準機構への加入状況等は以下のとおりです。1.財務会計基準機構への加入状況加入していません。2.会計基準等の内容の適切な把握、会計基準等の変更等への的確な対応体制の整備状況当社では、これまで、会計ビッグバン、内部統制等の会計制度の変更については、監査法人の助言、指導を受けるとともに、監査法人や日本公認会計士協会などの主催するセミナーに積極的に参加し、日本公認会計士協会発行の「会計監査ジャーナル」をはじめとする専門雑誌の定期購読等により的確に対応してきました。直前事業年度においても、監査法人の主催する決算対策セミナー、IFRSセミナー、日本公認会計士協会近畿会主催のIFRSセミナーに参加することにより、会計基準等の内容の適切な把握、会計基準等の変更等への的確な対応を行ってまいりました。3.財務会計基準機構への加入に関する考え方当社では、IFRSの適用等に向け、会計基準等の内容の適切な把握、会計基準等の変更等への的確な対応の必要性が高まっていることを十分に認識していますが、現段階においては、当社の企業規模、海外事業のウエイト等から考えて、現状でこれらへの対応の体制の整備ができていると判断しています。財務会計基準機構への加入については、当事業年度に入り経理部門担当執行役員と経営者との間で検討いたしましたが、前記の理由から、現段階においては加入の予定はありません。以上



 情報提供元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120100624045200.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.