大阪有機化学工業第三者割当による第1回新株予約権の取得及び消却
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22521,680-123.3
TOPIX1,630-9.2
DOW25,289+208.8
NASDAQ7,259+122.6
$/¥113.3-0.18

 MSTGお奨め銘柄
[5852]アーレスティ
[8385]伊予銀行
[7242]KYB
[8382]中国銀行
[7003]三井E&Sホ
[5614]川金ホールデ

 バーゲン銘柄
[5461]中部鋼鈑
[3529]アツギ
[1960]サンテック
[5909]コロナ
[7925]前澤化成工業

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
大阪有機化学工業第三者割当による第1回新株予約権の取得及び消却

平成22年4月16日各位会代社表名者大阪有機化学工業株式会社取締役社長取締役管理本部長TEL鎮目永松泰昌茂治

(コード番号:4187東証第二部大証第二部)問合せ先06-6264-5071(代表)

第三者割当による第1回新株予約権の取得及び消却に関するお知らせ
当社は、本日開催の取締役会において、平成22年3月2日付当社取締役会決議に基づき発行した大阪有機化学工業株式会社第1回新株予約権(以下「本第1回新株予約権」という。)につきまして、下記のとおり取得し、かつ取得後直ちに消却することを決議いたしましたので、お知らせいたします。記1.取得及び消却する新株予約権の概要(1)新株予約権の名称(2)新株予約権の数(3)取得及び消却総数(4)取得価額(5)取得及び消却日大阪有機化学工業株式会社第1回新株予約権9,729個※(平成22年4月16日現在)取得日における未行使の残存個数の全部無償平成22年5月17日

※取得日までに本第1回新株予約権の行使が行われた場合には、「新株予約権の数」は減少します。従って、「取得及び消却総数」は取得日に確定いたします。「取得及び消却総数」は確定次第お知らせいたします。2.取得及び消却する理由当社は、研究設備投資及び生産設備投資にかかる資金需要に対する資金調達手段として本第1回新株予約権及び大阪有機化学工業株式会社第2回新株予約権(以下「本第2回新株予約権」という。)を発行いたしました。本第1回新株予約権につきましては、株価が行使価額の120%相当額(511円)に到達した場合には当社の判断で本第1回新株予約権を取得できるという取得条項が付与されております。本第1回新株予約権の発行後、設定した行使価額(426円)に対して当社普通株式の株価水準がこれを大きく上回る状況となっている一方で、上記資金需要のうち緊急性のある資金需要につきましてはシンジケートローンによる調達で確保できており、今後は本第1回新株予約権を取得消却した上でもう一段高い水準の行使価額(511円)となる本-1-

第2回新株予約権の行使に期待することにより、当面の資金需要に対する一定の調達を確保しながら、当該取得消却相当分の他の資金調達手段の採用を検討することが最良であると判断いたしました。なお、本第2回新株予約権につきましては、本日以降の株式会社大阪証券取引所における当社普通株式の普通取引の終値が行使価額の120%相当額(613円)に到達した場合には自動的に本第2回新株予約権を取得する条項が付与されております。
※詳細につきましては、平成22年3月2日公表のプレスリリース「第三者割当による第1回及び第2回新株予約権の発行に関するお知らせ」をご参照ください。

3.業績に与える影響本件による今期(平成22年11月期)の業績予想への影響はありません。なお、今後の資金調達につきましては、事業の進捗状況と市場環境を勘案しながら、必要に応じて、より有利な条件での新たな調達方法を検討いたします。以上

-2-



 情報提供元:https://www.release.tdnet.info/inbs/140120100416077387.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.