ナカヨ中期経営計画策定
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22520,130-94.7
TOPIX1,614-4.7
DOW21,460+149.4
NASDAQ6,237+2.7
$/¥112.1+0.50

 MSTGお奨め銘柄
[8367]南都銀行
[6617]東光高岳
[5541]大平洋金属
[6644]大崎電気工業
[4927]ポーラ・オル

 バーゲン銘柄
[3529]アツギ
[5900]ダイケン
[9880]イノテック

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
ナカヨ中期経営計画策定

平成20年5月7日各位会社名株式会社ナカヨ通信機(URLhttp://www.nyc.co.jp)代表者名取締役社長秋山進(コード番号6715東証第1部)問合せ先常務執行役員管理統括本部長飯嶌貞夫(TEL.03-3496-1156)

中期経営計画策定に関するお知らせ
当社グループは、このたび2008年度から2010年度までの3ヵ年における第一次中期経営計画を策定いたしましたので、その概要に関し、下記の通りお知らせいたします。記1.中期経営計画策定の背景当社グループの属する通信機器業界を取り巻く経営環境は、依然として厳しい状況が続く中、同時に大きな変革期を迎えております。NGN(次世代ネットワーク)への移行に伴うネットワークインフラの変化や、それに対応した市場構造のパラダイムシフトが起きつつあり、当社グループの経営環境も大きく変化すると考えます。当社グループの業績は2005年3月の東証一部指定換え以降低迷を続け、008年3月期の決算では3期連続で減収2減益となりました。こうした厳しい状況を打破するとともに環境の変化を先取りし、持続的に成長していくための経営基盤を強化していく体制整備を図るため、第一次中期経営計画を策定いたしました。

2.基本方針当社グループは、情報ネットワークの変化に対応した研究開発に注力すると共に物づく「りに真摯に取り組み、情報通信市場で独自の地位を築く」を経営ビジョンとして、売上高「200億円経常利益率5%」を目標として掲げ、基盤事業の強化を図るとともに高収益体質を確立し、組織力を高めてまいります。

3.重要課題(1)基盤事業の強化(2)高収益体質の構築(3)組織力の向上


4.重点施策(1)基盤事業の強化NGNへの移行をビジネスチャンスと捉え、ナカヨグループの強みである「製品品質」とお客様支援体制」活かした魅力的な商品の開発、ービスの提供をしてまいります。「をサ特に近年需要が低迷している民需市場については、販売子会社ナカヨ電子サービス株式会社においてお客様支援体制の強化を図り、客様のより近くで充実したサービスの提お供を行い、ナカヨグループならではの価値提案を実現してまいります。(2)高収益体質の構築コスト管理を徹底し、生産性の向上、流通在庫の圧縮、各種業務における省人化自動化を推進するトータルコストダウン活動の展開によって、収益体質を構築してまいりま高す。(3)組織力の向上中期経営計画の実行と達成に不可欠な組織力および社員個々の能力とモチベーション向上のため、活力ある企業風土を醸成し、社員のキャリア形成やスキルアップ支援体制を整備いたします。また、環境に対する企業の責任を重く受け止め、環境負荷の少ない製品開発を継続して進めるとともに、事業活動においても環境負荷の低減および安全衛生の確保に努めます。5.セグメント別主要施策(1)ビジネスソリューション2008年3月より商用サービスが開始されたNGNにつきましては、本格的に普及するのは2010年度以降と想定しております。当中期計画期間におきましては、従来の機能+NGN対応としてIP機能を充実させたハイブリッドタイプのビジネスホンを2009年上期に市場投入する一方、SIPプロトコルを活用したSIPサーバの開発を進めてまいります。また高い評価を頂いておりますサポート体制をより一層強化することで同業他社との差別化を図ってまいります。また、キャリア提供のサーバやIP-PBXに対応するIP電話機につきましても、市場のニーズに合った機能を搭載した新製品を提供、拡販するとともに、NGNに迅速に対応できるようSE要員、営業要員のスキルアップを図ってまいります。(2)コンシューマソリューション各種無人装置の管理等で使用されるPHSモジュールにつきましては、2008年下期より新規事業を立ち上げ、2010年度には本格化し、売上拡大につなげてまいります。また、高齢者向けアナログコードレス電話機につきましては、NGN対応により高音質を実現し、2009年度中の新製品投入を目指します。(3)ネットワークソリューション現在市場を独占しているホテル向けPBXは小規模病院、ケアマンション等新しいマーケットの開拓、新用途の開発を行うことで拡販を行ってまいります。また、ブロードバンドルータにつきましては、当中期計画期間中に次世代プロトコルIPv6対応製品、NGN対応製品を開発し、市場投入いたします。(4)サービス&サポートメーカーとしての生産力、術力の向上のため、MSElectronicsManufacturing技E(Services)事業の拡大を行うとともにコストダウン活動の推進により収益力の強化を図ります。


 情報提供元:https://www.nyc.co.jp/release/2013_release/20130510_mmp.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.