住友電設平成22年3月期第2四半期決算短信
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22518,788-103.0
TOPIX1,506-8.3
DOW19,932+131.9
NASDAQ5,598+44.8
$/¥113.7+0.29

 MSTGお奨め銘柄
[8308]りそなホール
[7445]ライトオン
[8202]ラオックス

 バーゲン銘柄
[7703]川澄化学工業
[9760]進学会
[1914]日本基礎技術
[2221]岩塚製菓
[6640]第一精工

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
住友電設平成22年3月期第2四半期決算短信

平成22年3月期 第3四半期決算短信
平成22年1月28日上場会社名住友電設株式会社コード番号1949URLhttp://www.sem.co.jp/代表者(役職名)取締役社長問合せ先責任者(役職名)経理部長四半期報告書提出予定日平成22年2月10日配当支払開始予定日―上場取引所(氏名)菅沼敬行(氏名)内池和彦東 大 

TEL06-6537-3490

(百万円未満切捨て)

1.  平成22年3月期第3四半期の連結業績(平成21年4月1日~平成21年12月31日)(1) 連結経営成績(累計)売上高
百万円%(%表示は対前年同四半期増減率)

営業利益
百万円%

経常利益
百万円%

四半期純利益
百万円%

22年3月期第3四半期21年3月期第3四半期

81,38192,138

△11.7―

3,9874,242

△6.0―

4,2724,275

△0.1―

2,1191,966

7.8―

1株当たり四半期純利益
円銭

潜在株式調整後1株当たり四半期純利益
円銭

22年3月期第3四半期21年3月期第3四半期(2) 連結財政状態総資産
百万円

59.5455.24

――

純資産
百万円

自己資本比率


1株当たり純資産
円銭

22年3月期第3四半期21年3月期(参考) 自己資本  

71,65782,58222年3月期第3四半期  27,607百万円

28,62138.525,87330.221年3月期  24,910百万円

775.60699.77

2.  配当の状況第1四半期末
円銭

第2四半期末
円銭

1株当たり配当金第3四半期末
円銭

期末
円銭

合計
円銭

21年3月期22年3月期22年3月期(予想)

――

5.005.00

――

5.005.00

10.0010.00

(注)配当予想の当四半期における修正の有無  無3.  平成22年3月期の連結業績予想(平成21年4月1日~平成22年3月31日)
(%表示は対前期増減率)

売上高
百万円%

営業利益
百万円%

経常利益
百万円%

当期純利益
百万円%

1株当たり当期純利益
円銭

通期△8.7△17.5120,0005,300(注)連結業績予想数値の当四半期における修正の有無  無

5,500

△12.6

2,800

3.6

78.66

-1-


4.  その他(1) 期中における重要な子会社の異動(連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動)  無(2) 簡便な会計処理及び四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用  有
【(注)詳細は、4ページ【定性的情報財務諸表等】4.その他をご覧ください。】

(3) 四半期連結財務諸表作成に係る会計処理の原則手続、表示方法等の変更(四半期連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項等の変更に記載されるもの)① 会計基準等の改正に伴う変更有② ①以外の変更無
【(注)詳細は、4ページ【定性的情報財務諸表等】4.その他をご覧ください。】

(4) 発行済株式数(普通株式)① 期末発行済株式数(自己株式を含む)② 期末自己株式数③ 期中平均株式数(四半期連結累計期間)

22年3月期第3四半期 35,635,879株22年3月期第3四半期 40,268株22年3月期第3四半期 35,596,241株

21年3月期 35,635,879株21年3月期 38,473株21年3月期第3四半期 35,600,537株

※業績予想の適切な利用に関する説明、その他特記事項
本資料に記載されている業績見通し等の将来に関する記述は、当社が現在入手している情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいており、実際の業績等は様々な要因により大きく異なる可能性があります。

-2-


住友電設(株)(1949)平成22年3月期第3四半期決算短信

【定性的情報財務諸表等】
1.連結経営成績に関する定性的情報当第3四半期累計期間における日本経済は、一部に景気回復の兆しが見られたものの、企業収益は引続き低迷し、雇用情勢も悪化するなど厳しい状況で推移致しました。当社グループが関連する建設市場におきましても、民間設備投資の抑制が続いており、公共投資も依然低水準で推移するなど、厳しい経営環境下にありました。


 情報提供元:http://www.sem.co.jp/ir/finance/pdf/1003-2shihanki.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.