santec特別損失の発生
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22522,397+45.7
TOPIX1,764+2.0
DOW23,358-100.1
NASDAQ6,783-10.5
$/¥112.0-1.21

 MSTGお奨め銘柄
[8367]南都銀行
[8524]北洋銀行
[5852]アーレスティ
[8508]Jトラスト
[6298]ワイエイシイ
[3443]川田テクノロ

 バーゲン銘柄
[4033]日東エフシー

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
santec特別損失の発生

平成26年4月23日
各位
上場会社名santec株式会社
代表者代表取締役社長鄭台鎬
(コード番号:6777)
問合せ先責任者業務部管理グループ長水島大介
(TEL0568-79-3535)



特別損失の発生に関するお知らせ

当社は、このたび、特別損失として減損損失を計上いたしましたので、お知らせいたします。





1.事業用資産にかかる減損損失の計上について
当社の光部品関連事業が属する通信市場においては、長らく投資抑制の傾向が続きましたが、
業界全体としては徐々に上向きとなっております。一方で、販売が伸びているのは、主として
局舎=加入者間通信用途のものであり、当社の主力である中長距離間通信向け製品について、
本格的な動きが始まるのはこれからと見られています。
こうした状況を踏まえ、今般、同事業の保有する事業用資産の帳簿価額について、将来キャ
ッシュフローの現在価値にまで減額し、当該減額分、31百万円を減損損失として平成26年
3月期の特別損失に計上いたします。



2.遊休資産にかかる減損損失の計上について
当社の保有する遊休不動産(宮崎県西都市)について将来の回収可能性を検討した結果、減
損損失12百万円として平成26年3月期の特別損失に計上いたします。



3.今後の見通しと通期業績への影響
平成26年3月期の連結業績への影響につきましては、本日発表の「業績予想の修正のお知
らせ」をご覧ください。


光部品関連事業においては、回復の兆しは見えているものの、高い収益力を取り戻すには、
市場のトレンドをつかみ、いち早く次世代高付加価値製品を市場に送り出すことが必要と考え
ております。当社グループでは、同事業における今期の減損処理を、来期以降のコスト負担の
軽減につなげ、競争力収益力の改善を目指して参ります。


以上


 情報提供元:http://www.santec.com/jp/wp-content/uploads/20130510-3.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.