プレステージ・インターナショナル2013年3月期第2四半期JASDAQアナリストレポート
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22522,698-66.8
TOPIX1,745-4.6
DOW25,058-6.4
NASDAQ7,820-5.1
$/¥111.4-1.58

 MSTGお奨め銘柄
[7173]東京きらぼし
[8359]八十二銀行
[8382]中国銀行
[7294]ヨロズ
[4565]そーせいグル
[3191]ジョイフル本

 バーゲン銘柄
[5461]中部鋼鈑
[3529]アツギ
[4987]寺岡製作所
[1914]日本基礎技術
[4033]日東エフシー

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
プレステージ・インターナショナル2013年3月期第2四半期JASDAQアナリストレポート

プレステージインターナショナル
(4290JASDAQスタンダード)2012年12月27日

今期は営業減益予想。拠点の増設で中長期の成長を図る
アップデートレポート㈱QBR小林輝亮)
主要指標2012/12/25現在
株価747円950円(12/02/27)650円(12/05/16)15,010,200株100株11,213百万円15円101.18円1.17倍

上期は12%増収、7%営業増益
13年3月期上期(12年4~9月)の連結業績は、売上高が前年同期比12%増の123.8億円、営業利益が同7%増の11.9億円となった。主力のロードアシスト事業でNKSJHD(8630)との合弁事業の開始に向けた先行費用が発生したものの、増収効果で吸収。インシュアランス事業やプロパティアシスト事業なども伸長した。ただ、為替差益の減少などから営業外損益が悪化し、純利益は同3%減の7.0億円だった。なお、同社は12年12月11日付で東証2部へ上場し、月14日付でJASDAQ12(スタンダード)への上場廃止申請を行っている。

年初来高値年初来安値発行済株式数売買単位時価総額予想配当
(会社)

今期の12%営業減益予想を据え置き
同社は12年4月、ロードアシスト事業の主要クライアントであるNKSJHDとプライムアシスタンス(出資比率はNKSJHD66.6%、同社33.4%)を設立。10月に営業を開始した。プライムアシスタンスの営業開始でNKSJHDからの受託業務が合弁会社に移行されるため、連結ベースの業績は一時的に落ち込むが、メガ損保の一角と安定的な関係3を構築できることなどから、戦略をポジティブに評価している。QBRの13年3月期の連結業績予想は、売上高が前期比3%増の240億円、営業利益が同12%減の23億円。上期までの進捗率は売上高が52%(前年同期実績は47%)、営業利益が52%(同42%)と前年同期よりも強めだが、プライムアシスタンスへの事業移管の影響を勘案し、現時点では前回予想を据え置くこととしたい。

予想実績

EPSPBR

(アナリスト)

直前のレポート発行日
アップデート2012/10/3

来期は緩やかな営業増益に。新たなBPO拠点を開設へ
14年3月期は13年3月期QBR予想比4%の増収、同9%の営業増益を予想。ロードアシスト事業の減収が続くものの、インシュアランス事業などが伸長し、業績は緩やかに拡大するとみている。なお、同社は稼働の逼迫やBCPニーズに対応するため、山形県酒田市と富山県射水市に新たなBPO拠点の開設を発表した。今後の動向を注視したい。
売上高百万円前期比%営業利益百万円前期比%経常利益百万円前期比%当期純利益百万円前期比%EPS円






実実実会


績績績社予想

(4-9月)2012/03中(4-9月)2013/03中

11,09312,37623,38524,00024,00025,000

24.211.621.72.62.64.2

1,1091,1912,6212,3002,3002,500

11.67.414.4-12.3-12.38.7

1,1941,1842,6512,3002,3002,600

11.5-0.812.3-13.3-13.313.0

7166961,5431,5001,5001,700

28.1-2.834.8-2.8-2.813.3

48.3546.97104.24101.28101.18114.67
1

2012/03通2013/03通2014/03通

期期期

(2012年5月発表)

アナリスト予想アナリスト予想

(注)実績EPSは、2011年10月1日付の株式分割(1株→200株)の影響を遡及修正して表示している
JASDAQアナリストレポートプラットフォーム




業績解説

上期は12%増収7%営業増益

13年3月期上期(12年4~9月)の連結業績は、売上高が前年同期比12%増の123.8億円、営業利益が同7%増の11.9億円となった。主力のロードアシスト事業でNKSJHD(8630)との合弁事業の開始に向けた先行費用が発生したものの、増収効果で吸収。インシュアランス事業やプロパティアシスト事業なども伸長した。ただ、為替差益の減少などから営業外損益が悪化し、純利益は同3%減の7.0億円だった。会社側の期初の上期計画と比較すると、売上高は3.8億円、営業利益は1.9億円、それぞれ強めの水準。会社側は、事業全般が順調に推移したほか、原価率の上昇が想定よりも小幅だったと説明している。


 情報提供元:http://www.prestigein.com/IR/library/image/2013/JASDAQ_ARP_FY2013_2q.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.