日本インター第60期第2四半期報告書
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22522,693+137.6
TOPIX1,751-2.1
DOW24,537-120.8
NASDAQ7,779-2.9
$/¥110.2-0.06

 MSTGお奨め銘柄
[8364]清水銀行
[8338]筑波銀行
[8359]八十二銀行
[7014]名村造船所
[1515]日鉄鉱業
[6839]船井電機

 バーゲン銘柄
[5461]中部鋼鈑
[3529]アツギ
[8118]キング
[1914]日本基礎技術
[7937]ツツミ

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
日本インター第60期第2四半期報告書

EDINET提出書類日本インター株式会社(E01934)四半期報告書



【表紙】
【提出書類】【根拠条文】【提出先】【提出日】【四半期会計期間】


四半期報告書金融商品取引法第24条の4の7第1項関東財務局長平成22年11月12日第60期第2四半期(自30日)平成22年7月1日至平成22年9月

【会社名】【英訳名】【代表者の役職氏名】【本店の所在の場所】【電話番号】【事務連絡者氏名】【最寄りの連絡場所】【電話番号】【事務連絡者氏名】【縦覧に供する場所】

日本インター株式会社NihonInterElectronicsCorporation代表取締役社長 江坂 文秀神奈川県秦野市曽屋1204番地0463(84)8016経営企画部長 沖 雅直神奈川県秦野市曽屋1204番地0463(84)8016経営企画部長 沖 雅直株式会社東京証券取引所(東京都中央区日本橋兜町2番1号)

   


  

1/50

EDINET提出書類日本インター株式会社(E01934)四半期報告書

第一部【企業情報】第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】
連結経営指標等
 回次第59期第60期第59期第60期第2四半期第2四半期第2四半期第2四半期連結累計期間連結累計期間連結会計期間連結会計期間自 平成21年4月1日至 平成21年9月30日(百万円)(百万円)(百万円)(百万円)(百万円)(円)(円)15,124△2,477△2,965―――△95.80自 平成22年4月1日至 平成22年9月30日16,809192210―――6.65自 平成21年7月1日至 平成21年9月30日8,401△912△1,3811,38126,39244.64△44.63自 平成22年7月1日至 平成22年9月30日8,045734561620,816△137.761.42第59期自 平成21年4月1日至 平成22年3月31日30,652△3,780△9,196△4,74020,377△153.16△297.10

会計期間

売上高経常利益又は経常損失(△)四半期純利益又は四半期(当期)純損失(△)純資産額総資産額1株当たり純資産額1株当たり四半期純利益金額又は1株当たり四半期(当期)純損失金額(△)潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額自己資本比率営業活動によるキャッシュフロー投資活動によるキャッシュフロー財務活動によるキャッシュフロー現金及び現金同等物の四半期末(期末)残高従業員数

(円)(%)(百万円)(百万円)(百万円)(百万円)(名)

──△64△14319──

──△4884642,110──

─5.2───1,749774

─3.0───2,995708

─△23.3466△289△1,0261,071686

(注) 1 当社は四半期連結財務諸表を作成しているので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載しておりません。2 売上高には、消費税等は含まれておりません。3 潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載しておりません。4 従業員数は、就業人員を表示しております。



2/50

EDINET提出書類日本インター株式会社(E01934)四半期報告書


2【事業の内容】
当第2四半期連結会計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容に重要な変更はありません。 また、主要な関係会社についても異動はありません。 

3【関係会社の状況】
 当第2四半期連結会計期間において、重要な関係会社の異動はありません。


4【従業員の状況】
(1)連結会社の状況


従業員数(名)708


 情報提供元:http://www.niec.co.jp/ir/pdf/financial_report/60_houkoku.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.