三菱UFJフィナンシャル・グループ決算ハイライト
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22520,973-151.3
TOPIX1,529-11.1
DOW26,466+353.1
NASDAQ7,970+124.9
$/¥108.5-0.09

 MSTGお奨め銘柄
[5852]アーレスティ
[7189]西日本フィナ
[8524]北洋銀行
[8341]七十七銀行
[8368]百五銀行
[8377]ほくほくフィ

 バーゲン銘柄
[3529]アツギ
[6815]ユニデンホー
[2221]岩塚製菓
[1914]日本基礎技術
[5451]淀川製鋼所

 MSTG NEWS

Check
 上場企業ニュース
三菱UFJフィナンシャル・グループ決算ハイライト

三菱UFJフィナンシャルグループ

平成21年度第3四半期決算ハイライト
平成22年2月3日


目次

損益サマリーB/Sサマリー貸出金預金貸出資産の状況保有有価証券の状況保有証券化商品等の状況

234567

<本資料における計数の定義>
連結2行合算::三菱UFJフィナンシャルグループ(連結)三菱東京UFJ銀行(単体)と三菱UFJ信託銀行(単体)の単純合算1


損益サマリー
<連結P/L>

【連結】
(単位:億円)20年3Q1業務粗利益234567891011121314資金利益
信託報酬+役務取引等利益特定取引利益+その他業務利益

業務純益
資金利益は法人貸出収益、市場関連収益が増加したことに加え、アコム連結化により大幅な増加営業費は統合効果の発現に加え、グループ横断的なコストマネジメントの徹底により減少以上の結果、実質業務純益は大幅な増加アコム連結化を除いても+930億円の増益確保

21年3Q26,89816,5117,9342,45263015,64011,258▲6,277▲200▲1,2193,560899862,170▲6,277▲3,137

増減1,9692,410▲223▲216▲165▲892,059▲1,9333,062▲7672,421122822,591▲1,942▲220

(信託勘定償却前)

24,92814,1018,1582,66979615,7299,198▲4,344▲3,263▲4521,139▲32903▲420▲4,335▲2,916

うち国債等債券関係損益

与信関係費用総額
海外子会社での増加に加え、アコム連結化により増加。2行合算では略前年同期並み

営業費実質業務純益与信関係費用*1株式等関係損益その他の臨時損益経常利益特別損益
法人税等+法人税等調整額

四半期純利益

株式等関係損益
株式等償却負担の減少を主因に大幅な改善

15与信関係費用総額*216うち2行合算

*1与信関係費用=与信関係費用(信託勘定)+一般貸倒引当金繰入額+与信関係費用(臨時損益内)(▲は費用)*2与信関係費用総額=与信関係費用+偶発損失引当金戻入益(与信関連)(▲は費用)

その他の臨時損益
退職給付費用の増加を主因に減少

<ご参考>171株当たり利益18連結ROE*3
*3

▲4.36▲0.98%

(単位:円)17.4721.843.63%4.62%
×100

(四半期純利益×4/3)-非転換型優先株式年間配当相当額{(期首連結株主資本合計-期首発行済非転換型優先株式数×払込金額+期首為替換算調整勘定)+(第3四半期末連結株主資本合計-第3四半期末発行済非転換型優先株式数×払込金額+第3四半期末為替換算調整勘定)}÷2

2


B/Sサマリー
貸出金
国内貸出はほぼ横這い、海外貸出が減少のほか、泉州銀行非連結化を主因に21年9月末比減少
1234

【連結】
<連結B/S>
(単位:億円)

21年3月末貸出金(銀行勘定+信託勘定)[貸出金(銀行勘定)]うち国内法人貸出*1うち住宅ローン*1うち海外貸出*2922,566[920,568]502,392173,642194,885483,1411,201,495628,816
(20年下期)

21年9月末882,072[880,320]481,131173,015175,009573,8431,220,437628,4441.34%

21年12月末855,593[853,925]480,811173,264168,712541,5551,191,247637,3731.33%

有価証券
国債、外国債券の減少により21年9月末比大幅な減少

5有価証券(銀行勘定)6預金7
うち個人預金(国内店)内預貸8国行合算)金利回り差(2

預金
個人預金は大幅な増加の一方、海外店預金の減少に加え、泉州銀行非連結化により21年9月末比減少

1.44%

(21年上期)(21年3Q)

9金融再生法開示債権*110開示債権比率*111その他有価証券評価損益

11,8991.24%▲9,177

12,4591.38%4,148


 情報提供元:http://www.mufg.jp/ir/fs/backnumber/2005ufjh-mar/pdffile/u_all0503.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.