コスモ石油StockSplits
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22521,428+451.3
TOPIX1,618+40.5
DOW25,647+130.4
NASDAQ7,693+55.7
$/¥110.5+0.46

 MSTGお奨め銘柄
[8341]七十七銀行
[8508]Jトラスト
[5017]富士石油
[8336]武蔵野銀行
[6237]イワキ
[7167]めぶきフィナ

 バーゲン銘柄
[3529]アツギ
[7999]MUTOHホ
[7925]前澤化成工業
[4464]ソフト99コ
[9755]応用地質

 MSTG NEWS

Check
 上場企業ニュース
コスモ石油StockSplits

川内原子力発電所1,2号機の新規制基準への適合性確認のための

原子炉設置変更許可申請に係る補正書の提出について




平成26年4月30日
九州電力株式会社
1.これまでの経緯


○平成25年7月8日川内1,2号機の新規制基準への適合性確認のための申請

原子炉設置変更許可(基本設計)
工事計画認可(詳細設計)一括して申請
保安規定変更認可(運用管理)


○平成26年3月13日原子力規制委員会は、原子炉設置変更許可に係る審査に
ついて、今後、川内1,2号機を対象に、審査内容を反
映させた申請書の補正を提出させ、審査書案を作成して
いくこととした


○平成26年4月30日原子炉設置変更許可申請に係る補正書を提出


○今後、補正した原子炉設置変更許可申請をもとに、原子力規制委員会において、
審査書案がとりまとめられる




2.1補正書の概要(地震津波)

基準平成25年7月8日申請書からの
新規制基準の主な要求内容
主な変更追加内容
【基準地震動】○基準地震動は、Ss−1(540ガル)
○基準地震動は、敷地ごとに震源を特定
して策定する地震動及び震源を特定発電所周辺の活断層による地震を評価[①]
せず策定する地震動について、最新国の審査ガイド記載の16地震について検討を行い、
の科学的技術的知見を踏まえ、策鹿児島県北西部地震(1997年)を考慮
定すること

○基準地震動に、Ss−2(620ガル)を追加
るもい
北海道留萌支庁南部地震(2004年)を、基準地震
動評価に反映[②,③]

地【基準津波】○発電所周辺海域の活断層での地震による津波を考慮
設震○施設に最も大きな影響を与える基準[④,⑤]
計津波に対して、安全機能が損なわれ
基ないこと基準津波(発電所沖合い約8km地点)
:約1.7m上昇

準発電所(取水口付近)の津波高さ:4m程度


○津波防護施設の設置○琉球海溝におけるプレート間地震(Mw9.1)による津波
を評価に追加[④,⑤]
基準津波(発電所沖合い約8km地点)
:約2.0m上昇
発電所(取水口付近)の津波高さ:5m程度

○海抜5mに位置する海水ポンプエリアの防護壁や引き
波時にも取水可能となるよう取水口前面に貯留堰を
設置[⑥]

2[]内番号は概要図参照
2.1補正書の概要(地震)


【凡例】基準地震動Ss-1北海道留萌支庁南部地震を考慮
活断層(540ガル)した基準地震動Ss-2(620ガル)


 情報提供元:http://www.mitsubishichem-hd.co.jp/csr/report_j/5_environment/
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.