メッツ実質的存続性の喪失に係る猶予期間入り
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22519,613-65.0
TOPIX1,565-2.4
DOW20,895+90.0
NASDAQ6,134+49.9
$/¥111.2-0.12

 MSTGお奨め銘柄
[8202]ラオックス
[4927]ポーラ・オル
[5541]大平洋金属

 バーゲン銘柄
[5900]ダイケン
[3529]アツギ
[9880]イノテック
[7999]MUTOHホ

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
メッツ実質的存続性の喪失に係る猶予期間入り

平成24年2月24日各位会社名株式会社メッツ代表者名代表取締役社長尾形和也(コード番号4744東証マザーズ)問合せ先代表取締役社長尾形和也(連絡先03-5468-3590)http://www.metscorp.co.jp/

実質的存続性の喪失に係る猶予期間入りに関するお知らせ

当社が平成24年1月26日付で開示いたしました「当社普通株式に対する公開買付けに関する賛同意見表明のお知らせ」に記載したとおり、公開買付者による当社普通株式に対する公開買付けが平成24年1月27日から平成24年2月23日に実施され、本公開買付けに係る応募株券等の総数が買付予定数の下限に達したことにより、本公開買付けは成立いたしました。これを受け、東京証券取引所は、当社が実質的な存続会社ではないと認められるため、有価証券上場規程第603条第1項第6号(関連規則は同規程第601条第1項第9号a)の規定により、当社株式が本日より「合併等による実質的存続性の喪失」に係る猶予期間に入る旨を公表しております。当社は「合併等による実質的存続性の喪失」に係る猶予期間に入りましたが、当社の株式の上場は引き続き維持され、平成24年2月24日から平成27年3月31日の猶予期間内に、当社株式が新規上場審査基準に準じて東京証券取引所が定める基準(以下「基準」という)に適合すると認められた場合には猶予期間から解除されることになります。従いまして猶予期間中であっても、株式の売買はこれまでどおり可能であり、企業活動にも支障はございません。しかしながら、3年間の猶予期間内に、東京証券取引所による基準への適合にかかる審査(以下「審査」という)の申請を当社が行わない場合には、猶予期間終了日の翌日から当社株式は監理銘柄(確認中)に指定され、その直後の最初の有価証券報告書提出日から起算して8日目(休業日を除く)までに審査の申請を行わなかった場合には、上場廃止決定による整理銘柄への指定が行われ、1カ月の整理売買を経た後に、上場廃止となります。当社といたしましては、これまで培ってきた「リアルエステート」および「ITシステムコンサルティング」の経験とノウハウを活かし事業再生を図るとともに、新たなビジネスモデルによって、収益を確保し、事業存続を図りながら事業展開を実現してまいります。当社は今後見込まれる新規上場に準じた審査を通過できるよう、新経営体制の下で万全の準備を行ってまいる所存であります。株主の皆様、関係者各位におかれましては、何卒ご理解の上、引続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。以上



 情報提供元:http://www.metscorp.co.jp/pdf/news/20120224_gyouseki.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.