大同工業カワイ生徒グレードテスト
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22522,698-66.8
TOPIX1,745-4.6
DOW25,058-6.4
NASDAQ7,820-5.1
$/¥111.4-1.58

 MSTGお奨め銘柄
[7173]東京きらぼし
[8359]八十二銀行
[8382]中国銀行
[7294]ヨロズ
[4565]そーせいグル
[3191]ジョイフル本

 バーゲン銘柄
[5461]中部鋼鈑
[3529]アツギ
[4987]寺岡製作所
[1914]日本基礎技術
[4033]日東エフシー

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
大同工業カワイ生徒グレードテスト

平成27年2月14日
各位
会社名江守グループホールディングス株式会社
代表者名代表取締役社長江守清隆
(コード:9963、東証第一部)
問合せ先常務取締役グループ管理部門担当揚原安麿
(TEL0776-36-9963)


(経過開示)中国子会社における追加調査に関するお知らせ

当社は、平成27年2月10日付で開示しました「中国子会社における追加調査に関するお知ら
せ」において、中国子会社にて滞留している売掛債権に係る取引の妥当性に疑義が生じているこ
と及び当該疑義について外部専門家による客観的調査を開始することをお知らせいたしました
が、疑義が生じた経緯等の詳細についてお知らせいたします。
また、今般、監査法人との協議において、中国子会社における売上の実在性の疑義を新たに認
識いたしました。そのため、取引の妥当性の疑義に係る調査は外部専門家が、売上の実在性の疑
義については監査の過程において客観的調査をすることといたしました。


1.取引の妥当性に疑義が生じた経緯と概要
当社は、中国子会社において売掛債権の回収を担保するため、取引信用保険を付保しており
ました。対象顧客が実質的に破綻したため、同保険の申請をし、保険会社との間で保険金支払
い協議を行っておりました。その過程で保険会社が得ていたとする情報の中に、当該顧客企業
が他の取引先から告発や訴訟を受けるなどの違法な取引が存在した可能性及び当該顧客企業
の子会社に実態のない会社が存在する可能性を示すものがありました。
監査法人からは、こうした内容に加え、中国子会社の大口顧客との取引が近年増加している
一方で、滞留売掛債権についても増加している事実を踏まえると、一般的には不適切な取引が
疑われること及び当社子会社の社員が実態のない会社との取引に関与している可能性がある
ことについて指摘を受けました。
監査法人からの指摘を受け、当社は、上記実質的に破綻した顧客に加え、中国子会社の大口
顧客である売掛債権額上位5社との取引を対象に当該顧客及びその担当をする当社中国子会
社社員に不適切な行為が無いかを確認するために自主的な調査を行うことにいたしました。


2.売上の実在性に疑義が生じた経緯と概要
当社は、平成27年2月11日の監査法人との情報交換の中で、①上記に記載の、申請中の保
険(保険金額636百万円)が支払われなかったことの経緯等の詳細を改めて報告しました。別
途、②コンプライアンス委員会の活動報告として、中国子会社の元総経理※は当該元総経理の

-1-
親族が経営していると思われる会社と中国子会社との間で取引を行わせていたことから、現在、
コンプライアンス委員会にて調査中であることを共有しました。
※元総経理は、平成26年6月26日~平成26年11月18日総経理兼江守グループホールディ
ングス株式会社取締役、平成26年11月18日~江守グループホールディングス株式会社取締
役。
監査法人からは、①の報告には、売上の実在性の疑義を持たれるとの指摘を受け、②に対し


 情報提供元:http://www.image-inf.co.jp/school/gradetest/teacher/
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.