第一交通産業放射線遮蔽コンテナ等の開発・販売
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22518,935-203.3
TOPIX1,515-18.2
DOW19,827+94.8
NASDAQ5,555+15.2
$/¥113.5-1.29

 MSTGお奨め銘柄
[8308]りそなホール
[7445]ライトオン

 バーゲン銘柄
[7703]川澄化学工業
[9760]進学会
[1914]日本基礎技術
[2221]岩塚製菓
[6640]第一精工

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
第一交通産業放射線遮蔽コンテナ等の開発・販売

各位
平成26年3月5日
第一交通産業株式会社
代表取締役社長田中亮一郎


放射線遮蔽コンテナ等の開発販売について

第一交通産業グループは、新事業創出のため技術開発型ベンチャーの研究および事業化を支援して
きました。この度、無機系塗料等の研究開発を進めてきた株式会社リカナル(本社:大阪市、代表
しゃへい
者:栗本有康)の放射線遮蔽塗料を活用した放射線遮蔽保管運搬用コンテナ等の製品の販売を開始
します。

(放射線遮蔽コンテナ)(放射線遮蔽運搬用コンテナ)




今般、当社100%出資子会社である「第一ベクレルコントロール㈱」(本社:東京都千代田区、代
表者:林慎一郎)が、放射線遮蔽物の販売をすることにより、福島第一原発事故における放射能を
含むガレキや焼却物の保管運搬処理を促進し、復興事業の早期化、効率化に貢献してまいります。
今回開発された、放射線遮蔽塗料は、無機系樹脂中にタングステン等の金属および特殊添加剤を高
濃度分散したもので、鉄の比重で鉛と同等のガンマー線遮蔽率をもつことが実証されました。この遮
蔽塗料を二重構造の金属ボックスに注入することで、コンテナ仕様に仕上げております。
また、この遮蔽塗料は、セシウム137およびコバルト60のガンマー線をともに遮蔽減衰させるも
のであり、特許出願中であります。(特願2013-057034)
平成26年1月910日、福島県いわき市内でコンテナの放射線量低減効果フィールド実証試験を行
い、公益財団法人原子力バックエンド推進センター(RANDEC)のご協力のもと、フレキシブル
コンテナバック(放射線汚染土壌を収納した袋)の表面線量4.241μSv/hが、コンテナ表面から1m
の距離で0.068μSv/hと放射線量が低減される効果が認められたことを、同年2月24日に確認いたし
ました。(表面からの1mは、環境省の空間線量率測定基準(地面から1m)に準拠)
今後は、東北地方を中心とする被災地の地方自治体および電力会社等の関係先に対して、保管用
運搬用コンテナの販売のほか、作業員の被曝対策として放射線防護服ブーツ等幅広い商品販売を計
画してまいります。
なお、㈱リカナルとは、特殊塗料を使った製品開発製造について、継続的な協業体制を構築して
います。防護服作成、防護用ブーツは、ヨツギ株式会社大阪本社の技術協力、また、放射線遮蔽率の
測定は、地方独立行政法人東京都立産業技術研究センターおよび近畿大学(医療用放射線遮蔽の共同
研究契約を㈱リカナルと締結)のご協力を頂いています。
(注:当リリースは、平成26年3月17日に訂正した内容を反映し、再掲しております。)
-1-
【主な関係先の概要】


販売
商号第一ベクレルコントロール株式会社
本社東京都千代田区丸の内三丁目2番3号
資本金5,300万円
株主第一交通産業株式会社(100%)
(非連結子会社)
代表者代表取締役林慎一郎


事業連携(製品化までの塗料開発仕様検討)
商号株式会社リカナル
資本金5,000万円
本社大阪市天王寺区六万体町4番23号
代表者栗本有康


技術協力
商号ヨツギ株式会社


 情報提供元:http://www.himaraya.co.jp/eng/group/company_list/260305dbecq.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.