フューチャーアーキテクト平成25年12月期連結業績
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22521,117+84.9
TOPIX1,547+5.2
DOW25,332+512.4
NASDAQ7,797-40.5
$/¥108.5+0.18

 MSTGお奨め銘柄
[5852]アーレスティ
[7189]西日本フィナ
[8524]北洋銀行
[8377]ほくほくフィ
[8381]山陰合同銀行
[8336]武蔵野銀行

 バーゲン銘柄
[3529]アツギ
[6815]ユニデンホー
[2221]岩塚製菓
[5451]淀川製鋼所
[1914]日本基礎技術

 MSTG NEWS

Check
 上場企業ニュース
フューチャーアーキテクト平成25年12月期連結業績

平成26年2月6日
各位
会社名フューチャーアーキテクト株式会社
代表者名代表取締役会長兼社長金丸恭文
(コード番号4722東証第一部)
問合せ先執行役員中島由彦
(TEL(03)5740−5724)



平成25年12月期連結業績のお知らせ


1.平成25年12月期連結業績について:

当社グループの当連結会計年度の連結業績は、
売上高30,049百万円(前年同期比28.7%増)
営業利益3,352百万円(前年同期比73.3%増)
経常利益3,454百万円(前年同期比67.9%増)
当期純利益2,027百万円(前年同期比73.7%増)
となりました。
当連結会計年度におきましては、当社において前期に獲得した複数の新規顧客のみならず、
既存顧客からも順調にプロジェクトの受注に成功し、また、すべての子会社(※)の売上も
前期比で増加したことから、連結売上高は過去最高を更新しました。売上高の増加に伴って
対売上高利益率も上昇したことにより、連結の営業利益、経常利益及び当期純利益について
も過去最高を更新しました。(※)株式等の保有を目的とする子会社を除く
各セグメントの業績については以下のとおりです。なお、文中のセグメントの業績数値は、
セグメント間の内部売上高又は振替高を調整前の金額で記載しております。


(1)ITコンサルティング事業
複数の新規顧客において、業務改革を伴うITシステムの刷新統合に関する大型プロジ
ェクトのグランドデザインフェーズが着実に進捗しました。同時に、その他の新規顧客や既
存顧客との戦略的な関係構築により、業種やフェーズのバランスのとれた受注を獲得し、売
上高の増加を達成しました。
新しい試みとして取り組んでいた金融クラウド(SKYBANK)についてはフルサービスの提供
を開始したほか、グローバルERPの導入案件も増加するなど新たな戦略分野のサービスも
着実に進展しました。
-1-
シンガポールマレーシアタイの子会社においては、全社でSAP社のGoldPartnerの認定
を取得し、SAP製品のチャネル販売(タイは除く)も可能となったこともあり、前年同期と比
較して3社合計の売上高が倍増の約1,500百万円となりました。
この結果、売上高は19,707百万円(前年同期比32.8%増)営業利益は2,959百万円
、(同69.6%
増)となりました。


(2)パッケージ&サービス事業
FutureOne株式会社は、自社製品のERPや販売管理系のライセンス販売が好調
であったことから売上高が増加しました。さらに、見積り精度の向上やプロジェクトの進捗
品質管理の強化が順調に進展して、プロジェクトの利益率が改善したことにより、営業利益
が前期比で大幅に改善しました。株式会社アセンディアは、当社との連携による保守サービ
ス等の増加や地方公共団体のプロジェクトを継続して受注したことで、売上高は前年同期比
で増加しましたが、採用や研修関連の費用が増加や一部プロジェクトの外注費の増加により、
前年同期比で営業利益は減少しました。


 情報提供元:http://www.future.co.jp/ir/news/documents/130207_2012.4QPR.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.