富士重工業2014年ジュネーブ国際モーターショーでSUBARUVIZIV2CONCEPTを世界初公開
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22521,417-50.2
TOPIX1,556-7.6
DOW27,150-4.2
NASDAQ8,197+50.5
$/¥107.9+0.26

 MSTGお奨め銘柄
[7189]西日本フィナ
[8524]北洋銀行
[8341]七十七銀行
[8377]ほくほくフィ
[8714]池田泉州ホー
[8381]山陰合同銀行

 バーゲン銘柄
[3529]アツギ
[6815]ユニデンホー
[5451]淀川製鋼所
[9755]応用地質
[7925]前澤化成工業

 MSTG NEWS

Check
 上場企業ニュース
富士重工業2014年ジュネーブ国際モーターショーでSUBARUVIZIV2CONCEPTを世界初公開

平成26年3月13日
各位
会社名富士重工業株式会社
代表者名代表取締役社長吉永泰之
(コード番号7270東証第1部)
問合せ先総務部長山藤和典
(TEL03-3347-2005)



控訴の提起に関するお知らせ


当社は、平成26年2月28日付「訴訟の判決に関するお知らせ」にて公表いたしました訴訟の判決につきま
して、当該判決を不服として、この度、東京高等裁判所に控訴を提起いたしましたので、下記のとおりお知ら
せいたします。





1.控訴を提起した裁判所および年月日
(1)裁判所東京高等裁判所
(2)年月日平成26年3月13日
(3)当事者控訴人当社
被控訴人国

2.控訴に至る経緯
本件訴訟につきましては、平成26年2月28日付「訴訟の判決に関するお知らせ」にて公表いたしました
とおり、当社が平成22年1月15日に東京地方裁判所に対し、国を被告として提起しておりました防衛省向
け戦闘ヘリコプターAH-64Dに関する初度費請求訴訟の判決の言い渡しがあり、当社の請求が棄却されており
ます。
当社といたしましては、当該判決は全く承服できないものであり、控訴を提起いたしました。


3.今後の見通し
当社は、控訴審においても、当社の主張が認められるよう、引き続き当社の正当性を主張してまいります。

以上


 情報提供元:http://www.fhi.co.jp/ir/contents/pdf_98057.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.