福田組2009年12月期第2四半期事業レポートからまでQ2,BusinessreportfortheendofDecember,2009
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22520,347+37.0
TOPIX1,669+0.8
DOW22,359-53.4
NASDAQ6,423-33.4
$/¥112.5+1.11

 MSTGお奨め銘柄
[8367]南都銀行
[8524]北洋銀行
[5852]アーレスティ
[9613]NTTデータ
[8361]大垣共立銀行
[8202]ラオックス

 バーゲン銘柄
[3529]アツギ
[7937]ツツミ

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
福田組2009年12月期第2四半期事業レポートからまでQ2,BusinessreportfortheendofDecember,2009

第83期第2四半期事業レポート
平成21年1月1日から平成21年6月30日で





福田組から株主の皆様へ




証券コー:
ド1899
oOur
株主の皆様へ経営成績

hareholders連結売上高(単位:百万円)
188,874
■通期200,000184,411
180,340
■第2四半
(中間)

160,697

150,000



100,000

代表取締役会長79,08278,702
76,712
69,753
68,574
50,000



0
79期80期81期82期第83期
第2四半期

連結経常利益(単位:百万円)
■通期6,000
■第2四半
(中間)
期5,002
4,599
5,000
3,895
代表取締役社長4,000

3,000

2,000

株主の皆様には、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。1,561
1,000
1,157
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
0
さて、当社は平成21年6月30日をもちまして、第83期(平成21年1△4,335
△139
△242
月1日~平成21年12月31日)の第2四半期を終了いたしましたので、△5,000△4,479
ここに営業の概況をご報告申し上げます。79期80期81期82期第83期
第2四半期
建設業界におきましては、景気悪化の速度が緩やかになってきている
とは言え、設備投資や個人消費の減少が続くなど、官民ともに厳しい状
連結純利益(単位:百万円)
況が続いております。
■通期2,000
このような環境の中、当グループは、「人と自然、社会と共存できる環
■第2四半
(中間)
期1,603
境づくり」を基本理念として、お客様の夢やニーズの一つひとつにしっ
1,500
かりと向き合い対応しきることを使命と考え、また、当社は、「挑戦する
企業体質のもと、人間と環境を大切にし、感動的価値の創造を目指す」
ことを経営理念に掲げ、顧客株主取引先従業員などステークホル1,000

ダーの満足を第一とするグッドカンパニーの実現に向け、事業に取り組
んでまいりました。500
当第2四半期連結累計期間の業績は後記のとおりでありますが、今後371
△280
も、厳しい受注環境でも生き残るべく、グループ一丸となり鋭意努力し0
△1,821△4,462△3,204
てまいる所存であります。△12,929
株主の皆様におかれましては、今後とも何とぞ変わらぬご支援、ご理△10,085
△15,605
△16,000
解を賜りますようお願い申し上げます。79期81期82期第83期
80期
平成21年9月第2四半期
1
Reviewof
Operations
当第2四半期累計期間の市場環境通期の見通し
当第2四半期累計期間におけるわが国経済は、昨期の100年今後のわが国経済は、政府による景気対策の効果により、景
に一度と言われた世界規模の金融危機の影響から、外需の落ち気の急激な悪化に底入れの気配が見え出したものの、企業収益
込みが内需にも波及するなど、一層の景気後退を余儀なくされの減少傾向、個人所得雇用情勢の回復は依然として見られな
ました。いため、まだまだ厳しい状況にあるものと予想されます。
建設業界におきましても、民間建設投資は景気悪化の影響か建設業界におきましては、公共建設投資は過去最大規模の補
ら市場規模が急激に縮小し、また、公共建設投資も依然として正予算により一時的な回復があるものと期待されますが、民間
縮小傾向にあったことから、一層厳しい価格競争を強いられる建設投資は設備投資や住宅投資等において依然として低水準で
受注環境となりました。推移し、厳しい受注環境が続くものと思われます。
これらの情勢を勘案して、通期(平成21年12月期)の連結
当第2四半期累計期間の連結営業概況業績につきましては、売上高1,420億円、営業利益23億円、
経常利益18億円、当期純損失33億円を見込んでおります。
このような情勢のもと、当グループは、今年2月に発表しま
また、当社単独の業績につきましては、受注高750億円、売
した「事業構造改革」を着実に実行に移しております。グルー
上高813億円、営業利益9億円、経常利益4.5億円、当期純利
プ各社の整理統廃合を含めた再編を通じ、抜本的な財務基盤の
益4.5億円を見込んでおります。
建て直しを図るとともに、経営環境に適応した「事業規模の適
正化」を推進し、本業競争力の強化を推進してまいりました。
さて、当第2四半期累計期間の連結業績は、次のとおりであ
ります。売上高につきましては、前年同期比1.7%増の697億
円余となりました。
当第2四半期累計期間の主な受注工事および完成工事
利益面では、売上総利益は前年同期比51.9%増の60億円
余、営業利益は18億円余(前年同期は営業損失40億円余)と受注工事
なり、経常利益は15億円余(前年同期は経常損失43億円余)●㈱荏原製作所%t様
となりました。仮称リサイクルパークあさお整備事業ごみ焼却処理施設建設工事
土木建築工事
一方、当事業年度より棚卸資産の評価に関する会計基準を適
●東京都住宅供給公社%t様
用したことにより、販売用不動産評価損11億円余、事業構造
コーシャハイム小竹町(第2期)建築及びその他工事
改革に伴い事業用資産の評価を保守的に見直した結果、連結子
●東京ガスエンジニアリング㈱%t様
会社で23億円余の減損損失を特別損失に計上した結果、四半静浜幹線建設工事(D工区)
期純損失は32億円余(前年同期は中間期純損失44億円余)と●中国地方整備局%t様
仁摩温泉津道路新清水トンネル工事
なりました。
完成工事
連結セグメント別売上高構成比
●イオンモール㈱%t様
その他事業(仮称)イオンモール秋田活性化(その2)工事
6,032百万円●豊田通商㈱%t様
(前年同期比19.5%減)
(仮称)上用賀1丁目計画
不動産事業8.6%建設事業
1.7%●首都高速道路㈱%t様
1,154百万円
62,566百万円
SJ14工区(3)躯体構築工事(大橋ジャンクション)
(前年同期比38.6%減)
(前年同期比5.7%増)
●東京地下鉄㈱%t様
13号線明治神宮前二工区土木工事
89.7%

2
onsolidated
連結財務諸表

inancialStatements(%t単位:百万円)(%t単位:百万円)
第2四半期連結貸借対照表第2四半期連結損益計算書
百万円未満切捨百万円未満切捨

当第2四半期累計期間前中間期
科目当第2四半期(H21.6.30現在)前中間期(H20.6.30現在)科目
(H21.1.1~6.30)(H20.1.1~6.30)
69,75368,574
売上高
●資産の部
63,71664,599
売上原価
94,88795,791
流動資産
6,0373,975
売上総利益
41,87350,974
固定資産
4,1468,068
販売費及び一般管理費
28,48332,579
有形固定資産
1,890
営業利益△%t,092
4
1,835
無形固定資産813
営業外収益295321
12,57516,558
投資その他の資産営業外費用625563
136,760146,765
資産合計1,561
経常利益△%t,335
4
1,1307,356
特別利益
●負債の部
4,8889,116
特別損失
96,51984,565
流動負債
税金等調整前四半期(中間)純利益△2,196△%t6,095
12,68424,553
固定負債
法人税、住民税及び事業税344399
109,204109,118
負債合計
法人税等調整額△%t2,098
551
●純資産の部
少数株主利益11165
28,36637,772
株主資本四半期(中間)純利益△3,204△%t4,462
5,1585,158
資本金

5,9965,996
資本剰余金

17,32626,723
利益剰余金
(%t単位:百万円)
第2四半期連結キャッシュフロー計算書百万円未満切捨
自己株式△115△105
当第2四半期累計期間前中間期
科目
評価換算差額等△2,232△2,530(H21.1.1~6.30)(H20.1.1~6.30)
10,96018,552
営業活動によるキャッシュフロー
その他有価証券評価差額金124388
1,947
投資活動によるキャッシュフロー△9,502
土地再評価差額金△2,357△2,918
2,0784,141
財務活動によるキャッシュフロー
1,4222,403
少数株主持分
14,98613,191
現金及び現金同等物の増加額
27,55637,646
純資産合計17,24322,534
現金及び現金同等物の期首残高
136,760146,765
負債純資産合計32,22935,725
現金及び現金同等物の四半期末
(中間期末)
残高




3
Non-Consolidated
単体財務諸表

FinancialStatements(%t単位:百万円)(%t単位:百万円)
第2四半期貸借対照表第2四半期損益計算書
百万円未満切捨百万円未満切捨

当第2四半期累計期間前中間期
科目当第2四半期(H21.6.30現在)前中間期(H20.6.30現在)科目
(H21.1.1~6.30)(H20.1.1~6.30)
●資産の部38,71637,717
売上高
65,20860,515
流動資産38,51437,316
完成工事高
22,19525,701
固定資産不動産事業売上高202400
10,57711,161
有形固定資産35,96236,859
売上原価
無形固定資産4734
35,83736,542
完成工事原価
11,57014,505
投資その他の資産
不動産事業売上原価125317
87,40386,216
資産合計
2,754
売上総利益857
●負債の部
2,676
完成工事総利益774
68,49862,139
流動負債
不動産事業総利益
4,9559,549
固定負債7783
1,6175,226
73,45371,689販売費及び一般管理費
負債合計
1,136
●純資産の部営業利益△4,368
14,88215,659
株主資本営業外収益156453
5,1585,158
資本金営業外費用419503
5,9965,996
資本剰余金経常利益△4,418
874
3,8424,609
利益剰余金
3,0766,338
特別利益
自己株式△114△105
1,6089,065
特別損失
評価換算差額等△932△1,131
2,342
税引前四半期(中間)純利益△7,145
その他有価証券評価差額金125302
法人税、住民税及び事業税3035
土地再評価差額金△1,058△1,433
法人税等調整額△1,839
13,94914,527
純資産合計504
1,807
四半期(中間)純利益△5,341
87,40386,216
負債純資産合計




受注高/売上高(単位:百万円)経常利益/純利益(単位:百万円)
受注高■通期■第2四半
(中間)
期/売上高■通期■第2四半
(中間)
期経常利益■通期■第2四半
(中間)
期/純利益■通期■第2四半
(中間)期

5,000
150,000
3,291
2,370
119,1741,807
1,730
2,500
111,644113,327
109,816874
109,160
104,309260
△775△3,778△5,341
257
99,291
0
100,000
593192
80,868△269
△941
△2,500
△2,182

△5,000△4,418
60,487
50,000
34,57338,716
47,58747,00247,10442,83141,23238,71037,717△7,500
△7,531
△11,485
△12,000
0
79期80期81期82期第83期
79期80期81期82期第83期
第2四半期
第2四半期4
opics
トピックス



株式に関するお手続きについて

株券電子化にともない、2009年1月5日から株式事務に関するお手続きが以下のとおり変更されました。



証券会社でお取引をされている株主様
お手続き
お取引のある証券会社
お問い合わせ先

住所氏名等のご変更、単元未満株式の買取買増請求、配当金受取り方法のご指
お手続き内容
定、相続にともなうお手続き等
未払配当金のお支払いにつきましては、株主名簿管理人である三菱UFJ信託銀行株
留意事項
式会社%t証券代行部が承ります。




特別口座に記録されている株主様

お手続き三菱UFJ信託銀行株式会社%t証券代行部
お問い合わせ先〒137-8081%t東京都江東区東砂七丁目10番11号
TEL%t0120-232-711(通話料無料、平日%t9:00~17:00)

手続用紙のご請求方法●音声自動応答電話によるご請求
TEL%t0120-244-479(通話料無料)
●インターネットによるダウンロード
http://www.tr.mufg.jp/daikou/

特別口座から一般口座への振替請求、住所氏名等のご変更、単元未満株式の買取
お手続き内容
買増請求、配当金受取り方法のご指定、相続にともなうお手続き等

①%t%t別口座では、株式の売却はできません。売却するには、証券会社に口座を開設

特別口座での留意事項したうえで株式の振替手続きが必要となります。
②%t%t当金の受領方法として株式比例分配方式はお選びいただけません。


特別口座について
株券電子化の施行日前に証券保管振替機構(ほふり)を利用されていなかった株主様のご所有株式は、三菱UFJ信
託銀行株式会社に開設された口座(特別口座)に記録されております。
特別口座の詳細につきましては、上記三菱UFJ信託銀行株式会社%t証券代行部にお問い合わせ下さい。



5
Corporate
企業データ




Data
会社の概況役員
(平成21年6月30日現在)(平成21年6月30日現在)

創業%t明治35年1月代表取締役会長
福田勝之八鍬耕一
執行役員
執行役員会長
設立%t昭和2年12月代表取締役社長
伊東修之助西脇武志
執行役員
執行役員社長
資本金%t5,158,408,496円
取締役
井上靖武宮浩
執行役員
従業員数%t837名副社長執行役員
代表取締役
連結子会社%t20社(福田道路㈱他)梅津康男小川俊作
執行役員
専務執行役員
主要な事業所%t●本社取締役
南雲重孝竹石崇音
執行役員
専務執行役員
%t新潟市中央区一番堀通町3番地10
取締役
大岩千尋手塚清光
%t電話%t025−266−9111(大代表)執行役員
常務執行役員
%t●本店支店取締役
木島良雄西山陽一郎
常勤監査役
執行役員
%t東京本店(東京都新宿区)大阪支店
、(大阪市
桒原勇石川喜一
常務執行役員常勤監査役
北区)東北支店
、(仙台市青葉区)九州支店

(福岡市博多区)中越支店、(新潟県長岡市)太田豊彦砂田徹也
執行役員監査役
%t●営業所
高坂謙一福田始
執行役員監査役
%t北海道、千葉、埼玉、横浜、村上、上越、名古
佐藤義友
屋、広島ほか3営業所執行役員

%t注.%t%t査役%t砂田%t徹也および福田%t始の両氏は、
監社外監査役であります。
注.%t%t古屋営業所は平成21年7月1日に支店に改組しました。





株式の状況(平成21年6月30日現在)

発行可能株式総数%t........................100,000,000株
(自己株式を除く).....44,662,432株%t.
発行済株式の総数
%t..............................................3,879名
株主数
大株主株主名持株数(千株)出資比率(%)
(財)福田育英会3,3437.5
福田正3,0416.8
(株)重機リース2,6325.9
(株)第四銀行2,1984.9
福田直美2,1584.8
福田組共栄会1,9744.4
福田石材(株)1,5303.4
注.%t%t資比率は自己株式(278,125株)を控除して計算しております。





6
株主メモ
●事業年度
1月1日から12月31日まで
●定時株主総会
3月
●基準日
定時株主総会%t12月31日
期末配当金%t12月31日
中間配当金%t6月30日
●株主名簿管理人/特別口座の管理機関
三菱UFJ信託銀行株式会社
連絡先送付先
三菱UFJ信託銀行株式会社証券代行部
〒137−8081東京都江東区東砂七丁目10番11号
TEL0120−232−711(通話料無料)
●単元株式数
1,000株
●上場証券取引所
東京証券取引所市場第一部
●公告の方法
電子公告の方法により行います。
%tだし、やむを得ない事由により電子公告によることができない場合は、

日本経済新聞に掲載いたします。
公告掲載URLhttp://www.fkd.co.jp/
URLhttp://www.fkd.co.jp/
〔ご注意〕
株主様の住所変更、買取請求その他各種お手続きにつきましては、口座を開
設されている証券会社等にお問い合わせ下さい。株主名簿管理人(三菱UFJ
信託銀行)ではお取り扱いできませんのでご注意下さい。
なお、未受領の配当金につきましては、三菱UFJ信託銀行の本支店でお支払
いたします。




本社/新潟市中央区一番堀通町3番地10
電話%t025−266−9111
(大代表)
環境に配慮した「大豆油インキ」を使用しております。


 情報提供元:http://www.fkd.co.jp/financial/pdf/page4/2009_business06.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.