共通設定継続企業の前提に関する事項の注記
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22519,470-232.2
TOPIX1,597-17.5
DOW21,675-76.2
NASDAQ6,217-5.4
$/¥109.2-0.71

 MSTGお奨め銘柄
[8367]南都銀行
[8524]北洋銀行
[7173]東京TYフィ
[5852]アーレスティ
[9613]NTTデータ
[8361]大垣共立銀行

 バーゲン銘柄
[3529]アツギ
[7937]ツツミ

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
共通設定継続企業の前提に関する事項の注記

ニッポンニューマーケット―「ヘラクレス」
平成20年8月6日
各位
会社名フューチャーベンチャーキャピタル株式会社
代表者名代表取締役社長川分陽二
(コード番号8462大証ヘラクレススタンダード)
問合せ先責任者専務取締役大橋克己
問合せ先TEL075-257-2511


継続企業の前提に関する事項の注記についてのお知らせ

当社は、平成20年8月5日開催の取締役会において、当社の「平成21年3月期第1四半期
決算短信」における継続企業の前提に関する事項について、下記の通り注記することを決定いた
しましたので、お知らせいたします。




四半期連結財務諸表上、当第1四半期連結会計期間末現在における短期借入金と1年以内に返
済予定の長期借入金の合計額は1,726,960千円となっており、これらにつきましては全額が当社
の子会社である投資事業組合を除いた当社本体に帰属するものであります。一方で、当第1四半
期連結会計期間末現在の当社本体が所有している現金及び預金の残高は214,158千円でありま
す。
これらの借入金につきましては返済期日後の契約について主要金融機関と交渉中であること
から継続企業の前提に関する重要な疑義が存在しております。
当社は、当該状況を解消すべく、以下の二点に注力しつつ、主要金融機関との交渉を引き続き
進めてまいります。また、借入金以外の資金調達方法についても多角的に検討してまいります。
第一に、管理報酬及びコンサルティング収入等の安定収入で支出を賄うべく経費の削減を行っ
ております。平成20年2月より人件費の圧縮、また6月以降本社事務所の縮小及び東京支店の
移転により経費の削減を行いました。さらにその他の経費につきましても漸次見直しを行ってま
いります。
第二に、上場環境が軟調であることを踏まえ、未上場段階でのM&A等を含めたEXIT(売
却)方法の多様化により投資資金の回収を進め、これをもって借入金の返済原資となるリターン
を創出する予定であります。
四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成されており、このような重要な疑義の影響を
四半期連結財務諸表には反映しておりません。
以上


 情報提供元:http://www.c-direct.ne.jp/pubhercules/japanese/uj/pdf/10108462/00075240.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.