アンジェス MGジェノラックとアンジェスが共同開発基本合意−HPV治療用ワクチンの開発−
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22522,553-141.2
TOPIX1,793-14.7
DOW24,652+143.1
NASDAQ6,937+80.1
$/¥112.6-0.20

 MSTGお奨め銘柄
[8367]南都銀行
[5852]アーレスティ
[8508]Jトラスト
[6298]ワイエイシイ
[6644]大崎電気工業
[6412]平和

 バーゲン銘柄
該当銘柄なし

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
アンジェス MGジェノラックとアンジェスが共同開発基本合意−HPV治療用ワクチンの開発−

平成23年8月8日
各位
会社名アンジェスMG株式会社
代表者代表取締役社長山田英
(コード番号4563東証マザーズ)
問合せ先経営企画部長鈴木文彦
電話番号03-5730-2480



ジェノラックとアンジェスが共同開発基本合意
-HPV治療用ワクチンの開発-


当社は、この度、株式会社ジェノラックBL(以下、ジェノラック)との間で、子宮頸が
んの前がん病変に対するHPV(ヒトパピローマウイルス)治療用ワクチンの開発を目指し
て、共同開発基本合意にいたりましたのでお知らせいたします。


子宮頸がんの発生にはその多くがHPVの感染が関連し、患者さんの90%以上からHPV
が検出されている事が知られています。子宮頸がんは異形成という前がん状態を経てがん
化することが知られており、前がん状態の細胞を検診(細胞診検査)で見つけることがで
きます。この前がん状態は、がん化のリスクが高い高度異形成と軽度および中等度異形成
があり、前者は早期がん治療として外科的な治療を行なうことが一般的ですが、現在のと
ころ治療薬はありません。また、後者は外科的な治療は行わず、経過観察を行うのが一般
的ですが、がんになる恐れもあり、有効な治療薬が望まれています。


ジェノラックのHPV治療用ワクチンは、高度異形成、及び中等度異形成の細胞に発現す
るHPVのE7タンパク質を標的にした免疫誘導型の治療ワクチンです。この治療ワクチン
は、子宮頸がんの早期発見のための検診が浸透していく中で、まさに治療薬の求められて
きた前がん状態の異形成段階に対する有望な治療薬にあたり、患者様の大きなニーズを満
たすワクチンです。
本ワクチンは、ジェノラックが韓国バイオリーダースから導入している世界的な乳酸菌デ
ィスプレイ技術を利用し、乳酸菌をキャリアーとした安全な経口剤タイプとして開発され
ており、既に東京大学のグループにより臨床研究が実施され、ヒトでの有効性と安全性が
確認されています。


ジェノラックのHPV治療用ワクチンを高く評価し、全世界に4,000万人WHO)
当社は、(
とも言われている子宮頸がんの前がん状態の患者さんのために、この画期的なワクチンの
本治療薬開発に参画し、早期上市に向けたジェノラックと緊密な協力体制を構築していく
予定です。


尚、本件による本年度業績への影響はありません。
【ご参考】
会社概要
株式会社ジェノラックBL
社名:
沖縄県那覇市字小禄1831番地1沖縄産業支援センター
本社:
代表者:代表取締役社長瀬脇智満
2001年10月16日
設立:
1000万円
資本金:
10人(2011年3月現在)
従業員:
事業内容:医薬品開発



-用語の解説-


HPV(ヒトパピローマウイルス)
パピローマウイルス科のDNAウイルス。乳頭腫ウイルスともいう。閉環の二本鎖DNAをゲ
ノムとしてもつ。



以上


 情報提供元:http://www.anges-mg.com/ir/pdf/201209_webcatalog.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.