山田債権回収管理総合事務所追加定款の一部変更に関するお知らせの一部追加
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22521,117+84.9
TOPIX1,547+5.2
DOW25,332+512.4
NASDAQ7,797-40.5
$/¥108.5+0.18

 MSTGお奨め銘柄
[5852]アーレスティ
[7189]西日本フィナ
[8524]北洋銀行
[8377]ほくほくフィ
[8381]山陰合同銀行
[8336]武蔵野銀行

 バーゲン銘柄
[3529]アツギ
[6815]ユニデンホー
[2221]岩塚製菓
[5451]淀川製鋼所
[1914]日本基礎技術

 MSTG NEWS

Check
 上場企業ニュース
山田債権回収管理総合事務所追加定款の一部変更に関するお知らせの一部追加

平成21年2月19日各位会社名株式会社山田債権回収管理総合事務所代表者名代表取締役社長山田晃久

(JASDAQコード4351)問合せ先役職氏名常務取締役管理本部長湯澤邦彦電話045-325-3911

(追加)定款の(一部)変更に関するお知らせ」の一部追加について「
当社は、平成21年2月18日開催の取締役会において、定款の(一部)変更の件」を平成21「年3月30日開催予定の第28回定時株主総会に付議することを決議いたしましたが、日、た本新に「定款の(一部)変更の件」を平成21年3月30日開催予定の第28回定時株主総会に付議することを追加で決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.定款変更の目的従来より実績のある社員の金融機関等及び子会社、関連会社への出向業務を正式な派遣業務とするため事業目的の一部を変更するものであります。変更案第2条)(サービサー業務及び登記周辺業務に付随する社員の派遣業務については今後の需要が見込める分野であり、これに対応するため当社常用雇用労働者の労働派遣を行うものであります。これは、定款目的の一般労働者派遣事業に特定労働者派遣事業を追加する形での変更であります。2.定款変更の内容定款の新旧対照表を添付3.日程(効力発生日)平成21年3月30日

-1-


平成21年2月18日開催の取締役会決議内容株式会社山田債権回収管理総合事務所現第1条(条文省略)行定款定款変更(案)※下線は変更部分を示しております。変第1条(現行どおり)更案

(目的)(目的)第2条第2条1~4(省略)1~4(現行どおり)5.司法書士、土地家屋調査士の委託5.司法書士、司法書士法人、土地家屋調査士、地家屋調査士法人の委土による登記申請書、びその添付書及託による登記申請書、びその添付及類のタイプ印書、謄写、印刷書類のタイプ印書、謄写、印刷6.司法書士、司法書士法人の委託に6.司法書士の委託による裁判所、検よる裁判所、察庁に提出する書類検察庁に提出する書類のタイプ印書、のタイプ印書、謄写、印刷謄写、印刷7~33(現行どおり)7~33(省略)第3条~第6条(条文省略)第3条~第6条(現行どおり)

(株券の発行)(削除)第7条当会社は、式に係る株券を発行株する。(自己の株式の取得)(自己の株式の取得)当会社は、社法第165条第2項第7条(条文省略)会第8条の規定により、締役会の決議によ取って、己の株式を取得することが自できる。(単元株式数および単元未満株券の不発行)(単元株式数)当会社の単元株式数は、100株と第8条当会社の単元株式数は、00株と1第9条する。する。(2)当会社は、第7条の規定にかかわ(削除)らず、元未満株式に係る株券を発単行しない。ただし、株式取扱規程に定めるところについてはこの限りではない。

-2-


現行定款変更案(単元未満株式についての権利)(単元未満株式についての権利)当会社の株主(実質株主を含む。第9条当会社の単元未満株式を有する株第10条以下同じ。は、その有する単元未)主は、の有する単元未満株式につそ満株式について、次に掲げる権利いて、に掲げる権利以外の権利を次以外の権利を行使することができ行使することができない。ない。1.会社法第189条第2項各号に掲げ1.社法第189条第2項各号に掲げる会る権利権利2.会社法第166条第1項の規定による2.社法第166条第1項の規定による会請求をする権利請求をする権利3.主の有する株式数に応じて募集株株3.主の有する株式数に応じて募集株株式の割当ておよび募集新株予約権式の割当ておよび募集新株予約権の割当てを受ける権利の割当てを受ける権利(株主名簿管理人)(株主名簿管理人)当会社は、主名簿管理人を置く。第10条株当会社は、株主名簿管理人を置第11条く。(2)株主名簿管理人およびその事務(2)株主名簿管理人およびその事務取取扱場所は、締役会の決議によっ取扱場所は、取締役会の決議によってて定める。定める。(3)当会社の株主名簿実質株主名簿(3)(当会社の株主名簿および新株予約を含む。以下同じ。、新株予約権原)権原簿の作成ならびにこれらの備置簿および株券喪失登録簿の作成なきその他の株主名簿および新株予約らびにこれらの備置きその他の株権原簿に関する事務は、株主名簿管新主名簿、株予約権原簿および株券理人に委託し、会社においてはこ当喪失登録簿に関する事務は、主名株れを取扱わない。簿管理人に委託し、会社において当はこれを取扱わない。第12条~第44条(条文省略)第11条~第43条(現行どおり)附則第1条


 情報提供元:http://www.yamada-servicer.co.jp/main/siryo/pdf/oshirase_h21_2_1.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.