旭化成Zinwellデジタルチューナーモジュール
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22518,887-251.0
TOPIX1,514-19.4
DOW19,827+94.8
NASDAQ5,555+15.2
$/¥113.9-0.90

 MSTGお奨め銘柄
[8308]りそなホール
[7445]ライトオン

 バーゲン銘柄
[7703]川澄化学工業
[9760]進学会
[1914]日本基礎技術
[2221]岩塚製菓
[6640]第一精工

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
旭化成Zinwellデジタルチューナーモジュール

経営効率化への取組み
〔付録:収支概況(個別)〕




平成26年4月

九州電力株式会社
《目次》

1経営効率化の取組みP1
2具体的な取組み内容P6
(1)修繕費の効率化P6
(2)諸経費の効率化P10
(3)人的経費の削減P14
(4)需給関係費の効率化P17
(5)設備投資の効率化P21
(6)その他投資の効率化P29
(7)資機材調達コストの低減P31

3資産売却P39
4平成26年度経営効率化の計画についてP40

〔付録〕収支概況(個別)
1経営効率化の取組み1



○当社は、平成25年春の料金値上げ時に織り込んだ▲1,400億円/年の経営効率化に取り組んでいます。
○しかし、依然として原子力発電所の停止が続き、かつてない厳しい経営状況にあるため、社長をトップとする
「緊急経営対策会議」の下、修繕費や諸経費の一時的な繰延べなど、短期限定のコスト削減や可能な限りの
資産売却に全社一丸となって取り組みました。
○その結果、平成25年度は、短期限定の取組みを中心とした▲1,100億円の深掘りを加え、計▲2,500億円程度
の費用削減を行うとともに、700億円程度の資産売却を計上しました。
〔恒常的な取組み〕
個々の設備実態、運用を精査した上での修繕費設備投資の抑制
業務委託範囲内容の見直しや業務全般にわたる効率化などによる諸経費の削減
燃料調達価格の引下げや電力取引市場からの電力調達の積極的な活用などによる需給関係費の抑制
基準賃金の引下げ、当社保有の保養所の全廃を含めた人的経費の削減
競争発注の拡大、仕様工法の見直しによる資機材調達コストの低減など
〔短期限定の取組み〕
安全確保や法令遵守等、事業継続のために直ちに必要なもの以外を原則停止するなど、修繕費や
諸経費の規模縮小、中止、実施時期の繰延べ
年間賞与支給ゼロなど人的経費の一時的な削減
全保有資産を対象とした売却可能資産の洗い出しによる追加売却
(料金値上げ認可時の想定売却額140億円→売却額等738億円、売却益等573億円)など
○平成26年度も引き続き、安全確保法令遵守安定供給に十分配慮した上で、外部知見の活用による資機材
調達改革をはじめとした経営効率化に取り組んでまいります。
(つづき)1経営効率化の取組み2

〔経営効率化の取組み状況〕(億円)
料金原価織込原価との差H25(参考)料金原価
H25
項目効率化額(H25原価から主な取組み内容織込効率化額


 情報提供元:http://www.tokuyama.co.jp/product/specialty_coated/
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.