武田薬品工業2012CSRデータブック
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22521,458+9.1
TOPIX1,731+0.6
DOW23,329+165.6
NASDAQ6,629+24.0
$/¥113.5+0.83

 MSTGお奨め銘柄
[8367]南都銀行
[8202]ラオックス

 バーゲン銘柄

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
武田薬品工業2012CSRデータブック

AnnualReport2012

CSRDataBook
CreatingCorporateValuethroughCSR
CSRによる企業価値創造

Contents

タケダのCSR活動
345678CSRの基本的な考え方
国連グローバルコンパクト

環境
304245464851525456
環境マネジメント/環境リスクの低減気候変動への取り組み水資源問題への取り組み生物多様性への取り組み廃棄物削減/化学物質排出量の削減大気水質土壌の保全環境コミュニケーション/環境モニター/環境会計タケダブループ事業活動に伴う環境負荷サイトからのメッセージ

ISO26000
バリューチェーンマネジメント

IIRCAA1000
タケダのステークホルダー

CSR活動の目標と実績
特集:東日本大震災による  被災地への支援

10

サイトデータ/専門家のご意見

公正な事業慣行組織統治
12CSRマネジメント
デューディリジェンスステークホルダーエンゲージメント

586062

公正な事業活動に向けて/業界における取り組み汚職防止/透明性に関する指針公正なプロモーション活動/グローバルCSR購買

CSR購買ガイドライン/グリーン調達の実施
グローバル購買方針/従業員のコンプライアンス知的財産

14
151718

Message
常務取締役内部統制および特命事項担当 吉田豊次

64

コーポレートガバナンスコンプライアンス危機管理ステークホルダーに対する情報開示等の実施状況

消費者課題
666872
偽造医薬品対策バリューチェーン管理の強化/情報提供品質保証体制生産供給体制

人権
2022
人権課題人権課題への取り組み

コミュニティ参画および発展
7476
企業市民活動の方針

NGO/NPOとの協働/企業財団
途上国の保健医療支援タケダグループ各社の取り組み

労働慣行
242628
グローバル人事ポリシーグローバル人材育成ダイバーシティの推進ワークライフバランス障がい者の活躍の支援従業員の健康と安全労働組合との関係

78

114116117118122126


タケダの歴史会社概要社会的責任に関する主な指標

GRIガイドライン対照表
国連グローバルコンパクトアドバンスドレベルCOP対照表第三者所見

TakedaCSRDataBook2012

CSRデータブック
編集方針

タケダでは、アニュアルレポートと

CSR報告書の統合版を発行しています。
は、「CSRデータブック」CSR活動を通じた社会と企業に対する価値および価値創造のプロセスに関する詳細な情報をまとめています。

 タケダは1781年の創業以来、くすりづくりを誠実に行うことで、高い倫理観と、強い使命感を培ってきました。企業活動のグローバル化に伴い、(企CSR業の社会的責任)に対する要請が高まっていますが、タケダは、営哲学経「タケダイズム誠実=公正正(直不屈)に基づき、」「優れた医薬品の創出」を実現していく企業活動そのものが、CSRの根幹であると認識しています。他方、タケダは、「健全な社会のサステナビリティ(持続可能性)なくして自社のサステナビリティはない」という点についても十分に認識しており、企業市民として、自社の強みが活かせる分野における社会的な課題の解決に向け、イニシアティブを発揮したいと考えています。 このように、社会と企業の関係を統合的に捉えるなかで、諸活動の報告についても統合報告を念頭に置き、2006年度より、アニュアルレポート上に財務情報だけでなく、人権、環境、コミュニティへの取り組みなどの非財務情報を取り入れた統合版アニュアルレポートを発行してきました。CSRデータブック」「は、さらなる説明責任を果たすために、アニュアルレポートに掲載した情報に、より詳細な情報を加えて再編集したものです。掲載した情報は、タケダにとっての重要性と社会にとっての重要性の観点から総合的に検討し、選定しています。なお、環境負荷低減も考慮して、PDF版電子ブック版でのご提供とさせていただきます。


 情報提供元:http://www.takeda.co.jp/pdf/usr/default/ar2012dj_37_52954_16.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.