ジュピターテレコム別紙玄海及び川内原子力発電所原子力事業者防災業務計画の修正の要旨
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22520,330-67.4
TOPIX1,673-0.1
DOW22,295-1.5
NASDAQ6,369-1.7
$/¥112.2-0.07

 MSTGお奨め銘柄
[8367]南都銀行
[5852]アーレスティ
[9613]NTTデータ
[8361]大垣共立銀行
[8202]ラオックス
[4927]ポーラ・オル

 バーゲン銘柄
[3529]アツギ
[7937]ツツミ

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
ジュピターテレコム別紙玄海及び川内原子力発電所原子力事業者防災業務計画の修正の要旨

ご説明資料


平成25年度第1四半期決算について

平成25年7月31日




本資料には、将来の業績に関する記述が含まれております。こうした記述は将来の業績を
保証するものではなく、リスクと不確実性を内包するものです。将来の業績は、経営環境
に関する前提条件の変化などに伴い変化することにご留意ください。
■平成25年度第1四半期決算■
【平成25年度第1四半期連結決算の概要(対前年同四半期)】
収入面では、電気事業において、販売電力量の減少はありましたが、電気料金の値上げや燃料
費調整の影響による料金単価の上昇などにより電灯電力料が増加したことや、昨年7月に開始
された再生可能エネルギーの固定価格買取制度に基づく交付金を計上したことなどから、売上
高は前年同四半期に比べ9.9%増の3,889億円、経常収益は10.2%増の3,927億円
となりました。
一方、支出面では、電気事業において、修繕費の効率化や人的経費の削減などコスト削減に努
めましたが、為替レートの円安の影響による燃料費の増加や、再生可能エネルギー電源からの
購入電力料の増加などもあり、経常費用は前年同四半期並みの4,573億円となりました。
以上により、経常損益は646億円の損失となりました。
また、経営合理化の一環として不動産や有価証券を売却したことによる売却益76億円を特別
利益に計上したことなどから、四半期純損益は591億円の損失となりました。
連結(億円、%)個別(億円、%)
H25/1QH24/1Q増 減増減率H25/1QH24/1Q増 減増減率
経常収益3,9273,56336310.2経常収益3,7623,33143012.9
売上高[再掲]3,8893,5383519.9売上高[再掲]3,6333,3073259.9
経常費用4,5734,585▲12▲0.3経常費用4,3464,33960.2
経常損益▲646▲1,022376−経常損益▲584▲1,008424−
特別利益76−76−特別利益76−76−
四半期純損益▲591▲1,009417−四半期純損益▲503▲994490−
(参考)主要諸元表
H25/1QH24/1Q増 減
販売電力量192億kWh197億kWh▲5億kWh
原油CIF価格108$/b123$/b▲15$/b
為替レート99円/$80円/$19円/$
原子力設備利用率−%−%−%1
■平成25年度業績予想■

【平成25年度第2四半期業績予想】
第2四半期の利益につきましては未定としておりましたが、上半期の需給動向等の見
通しを踏まえ、予想値を算出しましたので、お知らせします。
電気事業において、為替レートの円安の影響による燃料費の増加などはありますが、
電気料金の値上げや燃料費調整の影響による料金単価の上昇などにより売上高が増加


 情報提供元:http://www.takaratomy.co.jp/library/pdf/press/2013/130318-2.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.