大気社第65回定時株主総会招集ご通知
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22522,090-187.8
TOPIX1,615-15.7
DOW26,562+112.9
NASDAQ7,994-2.1
$/¥112.0-0.04

 MSTGお奨め銘柄
[8341]七十七銀行
[8367]南都銀行
[8524]北洋銀行
[8508]Jトラスト
[7189]西日本フィナ
[8336]武蔵野銀行

 バーゲン銘柄
[3529]アツギ
[7999]MUTOHホ
[7703]川澄化学工業
[7925]前澤化成工業
[5909]コロナ

 MSTG NEWS

Check
 上場企業ニュース
大気社第65回定時株主総会招集ご通知



(証券コード:1979)平成22年6月8日








東京都新宿区西新宿二丁目6番1号

代表取締役社長

上西栄太郎

第65回定時株主総会招集ご通知
拝啓ますますご清栄のこととお喜び申しあげます。さて、当社第65回定時株主総会を下記のとおり開催いたしますので、ご出席くださいますようご通知申しあげます。なお、当日ご出席願えない場合は、書面によって議決権を行使することができますので、お手数ながら後記の株主総会参考書類をご検討くださいまして、同封の議決権行使書用紙に賛否をご表示いただき、平成22年6月28日(月曜日)午後5時45分までに到着するようご返送いただきたくお願い申しあげます。敬記1.日2.場時所平成22年6月29日(火曜日)午前10時東京都新宿区西新宿二丁目2番1号京王プラザホテル43階ムーンライト具

(うら表紙の会場ご案内略図をご参照ください。)〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰〰当日ご出席の際は、お手数ながら同封の議決権行使書用紙を会場受付にご提出くださいますようお願い申しあげます。なお、株主総会参考書類並びに事業報告、連結計算書類及び計算書類に修正が生じた場合は、インターネット上の当社ウェブサイト(アドレスhttp://www.taikisha.co.jp/)に掲載させていただきます。―1―

定時株主総会招集通知(宝印刷)

2010年05月25日23時52分$FOLDER;1ページ(Tess1.2020100222_01)



3.会議の目的事項報告事項1第65期(平成21年4月1日から平成22年3月31日まで)事業報告及び連結計算書類並びに会計監査人及び監査役会の連結計算書類監査結果報告の件2決議事項第1号議案第2号議案第3号議案第4号議案剰余金の処分の件取締役9名選任の件監査役2名選任の件当社株券等の大量買付行為への対応策(買収防衛策)承認の件以上第65期(平成21年4月1日から平成22年3月31日まで)計算書類報告の件

―2―

定時株主総会招集通知(宝印刷)

2010年05月25日23時52分$FOLDER;2ページ(Tess1.2020100222_01)



(第65回定時株主総会招集ご通知添付書類)









(平成21年4月1日から平成22年3月31日まで)1.企業集団の現況に関する事項(1)事業の経過及びその成果①当社の経営体制当社は、事業主体である環境システム事業部と塗装システム事業部及び会社全体を統括する本部組織とで経営体制を構築し、国内外で事業展開しております。この概念図は次のとおりであります。



事業の全般的状況当期における世界経済は、各国政府の景気刺激策と中国をはじめとした新興国の高成長に牽引され、年度後半から緩やかな回復基調をたどりました。建設業界におきましては、公共投資が依然として縮小傾向にあることや、民間製造業が生産設備の過剰感により設備投資に慎重な姿勢を維持したことで、厳しい経営環境が続きました。この結果、連結受注工事高は、前期より28.0%減少の1,186億円となりました。環境システム事業部における受注工事高は853億円(前期比24.6%減)となり、このうちビル空調分野は349億円(前期比3.0%減)産業空調分野は、製造、業の設備投資が低調に推移したため503億円(前期比34.7%減)となりました。塗装システム事業部における受注工事高は、国内及び欧米市場で自動車メーカーの設備投資の低迷が続き、333億円(前期比35.4%減)となりました。連結完成工事高は、前期より29.9%減少の1,172億円となりました。環境システム事業部のビル空調分野は、当期に完成する前期からの繰越工事が多かったことで268億円(前期比8.9%増)となりましたが、産業空調分野は製造業の設備投資が低迷したため511億円(前期比38.6%減)となり、事業部合計では779億円(前期比27.8%減)となりました。塗装システム事業部は、国内及び欧米の自動車市場が縮小し、自動車メーカー向け塗装プラントの需要が大きく落ち込んだことから、完成工事高は393億円(前期比33.9%減)と減少しました。―3―


 情報提供元:http://www.taikisha.co.jp/ir/stock/pdf/syosyu/65syosyu.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.