タナベ経営業績予想の修正
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22518,814-281.7
TOPIX1,509-21.5
DOW19,886-5.3
NASDAQ5,574+26.6
$/¥113.2-0.90

 MSTGお奨め銘柄
[8308]りそなホール
[7445]ライトオン

 バーゲン銘柄
[7703]川澄化学工業
[9760]進学会
[1914]日本基礎技術
[2221]岩塚製菓
[6640]第一精工

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
タナベ経営業績予想の修正

平成21年10月29日
各位会社名株式会社タナベ経営代表者の役職氏名代表取締役社長木元仁志(JASDAQコード番号9644)取締役管理本部長兼管理本部総務部長連絡者の役職氏名筒井博貴電話番号06―7177―4000

業績予想の修正に関するお知らせ
最近の業績動向を踏まえ、平成21年5月11日付「平成21年3月期決算短信(非連結)に」て公表いたしました平成22年3月期第2四半期累計期間(平成21年4月1日~平成21年9月30日)の業績予想を下記のとおり修正いたしましたのでお知らせいたします。


1.平成22年3月期第2四半期累計期間(平成21年4月1日~平成21年9月30日)業績予想の修正(単位:百万円)売上高営業利益経常利益四半期純利益1株当たり四半期純利益円銭2,700△130△100△70△8.08前回予想(A)
今回修正(B)増減額(B-A)増減率(%)(ご参考)前期第2四半期実績(平成21年3月期第2四半期)2,449△251△9.32,966△30100-14322122-1901383-751.52--8.72

2.業績修正の理由わが国経済は、昨年の金融危機に端を発した景気不安により、企業の業況判断は、依然として厳しい状況にあり、特に当社の主要顧客である中小企業において、景気回復のテンポは遅い状況にあります。その様な経済環境のなか、当社の事業につきましては、売上は前回予想を下回る結果となりましたが、経費の見直し等による努力の結果、利益は前回予想を上回る見通しとなりました。それぞれの増減要因につきましては次のとおりであります。コンサルティング事業当初の計画通りの見通しであります。ネットワーク事業顧客企業の経費見直し等による会員収入の減少により、計画より若干の減少が見込まれます。セールスプロモーション事業顧客企業の販促活動費の圧縮等により、当初の計画を大きく下回る見通しであります。経費等固定費(販管費)の圧縮による経費削減および、金融収入が計画より上回ることにより営業利益、経常利益、四半期純利益が計画より上回る見通しであります。3.通期業績予想についてなお、通期業績予想につきましては、不透明な経済環境ではありますが、営業活動の強化等により、第3~第4四半期業績の改善が見込まれております。


よって現時点におきましては、通期業績予想を据置きとさせていただきます。今後、修正の必要が生じた場合は、速やかに公表させていただきます。

(注)上記予想は、本資料の発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の業績は様々な要因によって予想数値と異なる可能性があります。以上




 情報提供元:http://www.tanabekeiei.co.jp/06ir/news/pdf/K表文_H22年3月期.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.