アライドテレシスホールディングスアライドテレシスの事業戦略
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22521,458+9.1
TOPIX1,731+0.6
DOW23,329+165.6
NASDAQ6,629+24.0
$/¥113.5+0.83

 MSTGお奨め銘柄
[8367]南都銀行
[8202]ラオックス

 バーゲン銘柄

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
アライドテレシスホールディングスアライドテレシスの事業戦略

が見える5つのポイント
アライドテレシスの「いま」「明日」


1
POINT
アライドテレシスの事業戦略1レジリエンシー思想(弾力性)に基づく研究開発
安全で豊かな生活を支える社会インフラの中枢として重要性を増すネットワーク。クラウドコンピュー
ティングの普及とともに、そのインフラであるネットワークには極めて高い信頼性、安全性が必要とさ
れます。アライドテレシスは、レジリエンシー思想に基づき、データセンターからLANまでシームレス
アライドテレシスは次の25年を見据え、なネットワークを構築し、エンドトゥエンドで快適かつ安全に情報を利用できる環境を実現するた
めの研究開発やソリューション、製品ラインナップの拡充を図ります。
さらなる飛躍に向けて始動しました。
ワンストップサービス
2
アライドテレシスは、単に製品のサプライヤーではなく、導入前のコンサルティングから導入後の運用
管理まで、すべてをワンストップで提供しています。
アライドテレシスのネットワークソリューションコンサルティングから、設計構築、運用管理に至るまで総合的なサービスを提供する「プロフェッショ
ナルサービス」万が一障害が発生した際、
や、最短のダウンタイムでの復旧を支援する「サポートサービス」
など技術力の高いアライドテレシス独自の強みを活かし、優位性を発揮します。
社会や生活におけるコンピュータネットワークのさまざまな利用シーンに合わせて、顧客
のビジネスにとって最適なネットワーク環境を提供すること、それがアライドテレシスのソ
リューションです。ビジネスフィールドへのダイレクトな営業活動
3
設立当初から、ネットワーク関連事業をビジネス領域として企業活動を行い、リーディングカ
社会インフラとして、いまやなくてはならないネットワーク。アライドテレシスの製品とソリューショ
ンパニーとして情報化社会のインフラ構築に貢献してきたアライドテレシスグループ。グロー
ンは、あらゆる事業体の通信ネットワークを支えています。アライドテレシスのソリューションはそれ
バル展開を活かした高度な情報収集力や技術開発力を発揮することで、常に次世代を見据えたぞれの領域で求められる品質をベースに、顧客にとって管理運用やコスト面で最適なネットワークをカ
スタマイズします。国内外における営業拠点の増強により構築された地域密着型の営業やサポート体制
製品化を実現してきました。
を通して、顧客ニーズを収集し、製品開発や付加価値サービスの具現化に努めています。
2010年から2011年にかけて、地域密着型の営業活動を推進するとともに、技術、保守、運
用サポート活動を強化するため国内外で営業拠点を大幅に増設しました。また、国内では顧客
志向型ビジネスを展開するため組織体制を整備し、高付加価値サービスの拡充を図ってまいり海外の販売強化と拡張
4
ました。
アライドテレシスは創業当初から世界展開を視野に入れ、地域ごとの特性を活かした「世界最適地戦略」
ネットワーク機器専門メーカーとして培った豊富な経を次々と実現してきました。世界中で目まぐるしく変化する経済社会構造や環境下で、そこから生ま
験と知識を活かし、最適な製品、ソリューション、サーれる新しい市場ニーズを事業拡大の機会として捉え、スピーディな事業展開を目指します。
ビスを提案し、的確かつスピーディ、そしてきめ細か
なサポートを通して顧客との強固な信頼関係を築く海外進出の日本企業をサポート
日本企業の中には、昨今の新興国需要の取り込みを目的とし、また、円高リスクの回避に向け、
ネットワークスペシャリスト。それがアライドテレシ
海外進出を検討する企業が増加しています。このような企業に対して、国内および海外拠点から
スです。
高品質なサービスやサポートを提供しています。




34


 情報提供元:http://ir.at-global.com/ja/library/IRFilingDataDownPar/01/IRFilingDownPar/0/PDFile/j_ir061122.pdf
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.