東洋精糖内部統制システム構築の基本方針の一部改定
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22522,523+106.7
TOPIX1,777+6.0
DOW23,591+160.5
NASDAQ6,862+71.8
$/¥112.1-0.42

 MSTGお奨め銘柄
[8367]南都銀行
[5852]アーレスティ
[8508]Jトラスト
[6298]ワイエイシイ
[6644]大崎電気工業
[6412]平和

 バーゲン銘柄
該当銘柄なし

 MSTG NEWS

 PR

Check
 上場企業ニュース
東洋精糖内部統制システム構築の基本方針の一部改定

(財)財務会計基準機構会員




平成21年1月27日

各位

会社名株式会社ジェイエイシージャパン
代表者名代表取締役社長田崎ひろみ
(JASDAQコード番号:2124)
代表取締役副社長
問い合わせ先松岡繁
管理本部長
(TEL:03−5259−6926)



内部統制システム構築の基本方針の一部改定のお知らせ



当社は、平成21年1月27日開催の取締役会において、内部統制システム構築の基本方針の一部改定に

ついて下記のとおり決議いたしましたので、お知らせいたします。



(改定理由)

倫理規程および内部通報規程の制定ならびに部署名の変更に伴い、内部統制システム構築の基本方針の

一部を改定することといたしました。

※下線は、変更部分を示しております。





内部統制システム構築の基本方針



1.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

(会社法362条第4項6号及び会社法施行規則第100条第1項第4号)

(1)取締役及び使用人が企業の社会的責任を深く自覚し、日常の経営及び業務活動の遂行において法令

及び定款を遵守し、社会倫理に適合した行動を実践するために倫理規程を制定する。当社の取締役及

び役職者は、倫理規程の精神を実現することが自らの役割であることを認識し、率先垂範の上、関係

者に周知徹底を図る。

(2)取締役が他の取締役の法令定款違反行為を発見した場合は、直ちに監査役及び取締役会に報告する。

(3)コンプライアンスの主管部署がコンプライアンス体制の管理を統括する他、必要に応じて各部署が

管理を行う。

(4)業務執行部門から独立した内部監査部門が、業務監査の一環として、コンプライアンス体制の構築、

運用の状況について、内部監査を実施する。

(5)当社は、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力及び団体に対しては、弁護士や警察等

とも連携して、毅然とした姿勢で組織的に対応する。

(6)法令違反行為に関する通報に対して適切な処理を行うため、公益通報者保護制度の運用に関し内部

通報規程を制定するとともに、社内に通報窓口を設置する。是正の必要があるときには、速やかに是

正措置及び再発防止措置を講じる。

(7)会計基準その他関連する諸法令を遵守し、財務報告の適法性及び適正性を確保するための社内体制

を構築する。
2.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

(会社法施行規則第100条第1項第1号)

当社は、取締役会をはじめとする重要な会議の意思決定に係る記録や、各取締役が職務権限規程に基づ

いて決裁した文書等、取締役の職務の執行に係る情報の保存、管理等について定めた文書管理規程を制

定する。



3.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

(会社法施行規則第100条第1項第2号)

(1)当社は、企業経営事業継続に重大な影響を及ぼすリスクの識別評価管理が重要な課題である


 情報提供元:http://eir.eol.co.jp/EIR/View.aspx?cat=tdnet&sid=672620
 ビジネス関連商品

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.