涌井洋治検索結果
MSTGは、未来の資産家たちの投資能力を向上させる事を目的とした株式仮想取引ゲームです。
テーマ |  上場企業 |  ニュース |  地域 |  問い合わせ |

 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録

 マーケットサマリー
NK22519,613-65.0
TOPIX1,565-2.4
DOW20,925+30.0
NASDAQ6,128-5.7
$/¥111.6+0.32

 MSTGお奨め銘柄
[8202]ラオックス
[4927]ポーラ・オル
[5541]大平洋金属

 バーゲン銘柄
[5900]ダイケン
[3529]アツギ
[9880]イノテック
[7999]MUTOHホ

 MSTG NEWS

 PR

Check
 人名検索

上場会社の大株主や役員を検索します。人名や企業名を入力し「検索」ボタンをクリックして下さい。
 人名検索結果
涌井洋治が大株主/役員の会社
[2914] JT役員
[8754] 日本興亜損害保険役員

 人名検索関連会社リンク
[2914] JT
[8754] 日本興亜損害保険

 涌井洋治とは
== 来歴・人物 == 横浜市立桜丘高等学校 、1964年 東京大学 法学部卒業。同年大蔵省入省。同期には 野田毅 、 田波耕治 、 野口悠紀雄 、 高橋厚男 ( 関税局 長)、 秋山昌廣 ( 防衛事務次官 )、杉崎重光( 証券取引等監視委員会|証取監視委 事務局長、 国際通貨基金|IMF 副専務理事)、野口卓夫( 大阪証券取引所|大証 副理事長)など。 経企庁官房長、大蔵省官房長を経て、主計局長と同期中の 事務次官 の筆頭候補であった。当時の一連の「大蔵省スキャンダル」報道のなか、のちに泉井石油商事件として発展してゆく渦中にあった 泉井純一 により、主に通産官僚などへのタニマチ行為がマスコミの耳目を集めていた頃、大蔵官僚の涌井にも美術品が贈与されたことを指摘され、そのため同期の 田波耕治 が内閣内政審議室長から次官に座ることとなった。 この事件についてノンフィクション作家である 広瀬隆 は、著書「私物国家」において美術商を介した収賄の仕組みを詳細に示した上で、涌井に対する処分が表面上の付け値によって口頭による厳重注意で済まされた事を批判している。「私物国家」広瀬隆 著 光文社、1997年、ISBN 4334971539 退官後はすぐに 日本損害保険協会 副会長。のち、2004年6月から 小川是 の後を受けて 日本たばこ産業|JT 会長就任。 2012年 6月退任。 == 略歴 == * 主計局 主計官 、主計局総務課長、1989年 内閣総理大臣秘書官 などを経て、 *1991年 主計局次長 *1993年 経済企画庁 長官官房 長 *1995年5月 大蔵省大臣官房長 *1997年9月 大蔵省主計局長(1999年7月まで) == 脚注 == DEFAULTSORT:わくい ようし Category:日本の財務官僚 Category:日本の実業家 Category:神奈川県出身の人物 Category:日本たばこ産業の人物 Category:1942年生 Category:存命人物

 PR
利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても当サイトは責任を負いません。

Copyright (C) 2010 MSTGV.COM. All Rights Reserved.